滝沢秀明くん 滝沢歌舞伎は言葉がわからなくても通じる演出に

43

滝沢秀明主演・演出による『滝沢歌舞伎2016』(東京・新橋、4月10日~5月15日まで)がいよいよ幕を開ける。舞台は2006年に『滝沢演舞城』としてスタートし、10年目となった昨年は、初の海外公演としてシンガポールでも上演された。そこで刺激を受けた滝沢は原点回帰を試みる。それは昔に戻るという意味ではなく、“新しい滝沢歌舞伎”をスタートさせるということだった。

昨年のシンガポール公演では、滝沢が宙を舞うたび歓声が沸き上がった。口笛を吹く人もいれば、声を出す人も。その場で感情が伝わってくる舞台は、新鮮だったという。

「日本では、静かに舞台を見て最後に拍手していただくんですけど、シンガポールではひとつひとつの技に対してリアクションしてくれるんで、ぼくらも気持ちがいいんですよ。拍手ひとつにとっても、いま自分に向けてのものだってのが伝わってきますからね。それが本来のショーの見方だと思うんですけど、日本じゃまだ定着していないですよね。拍手にしろ、スタンディングオベーションにしろ、誰かが先陣切ってやらないとやってくれないところがあって。それを今年から変えていけたらなって思っているんですよ」(滝沢・以下「」内同)

海外公演ならではの醍醐味を味わった滝沢の新たな挑戦が始まった。

「いままで日本人のお客様をターゲットにした舞台構成だったんですけど、どの国のお客様にも伝わるエンターテインメントを作りたいと思ったんです。言葉がわからなくても通じる演出に変えていきたいなって。原点に戻るって言い方をしてきたんですが、それは昔にもどるという意味ではなく“新滝沢歌舞伎”のスタートなんです」

新たな滝沢歌舞伎のスタートには、先輩であるV6の三宅健をサプライズとして迎えた。

全文は以下にて

情報源: 滝沢秀明 滝沢歌舞伎は言葉がわからなくても通じる演出に│NEWSポストセブン