大野智くん『世界一難しい恋』の不器用男はなぜ“当たり役”に?活動スタンスの変化から考察

75

嵐の大野智が主演を務めるドラマ『世界一難しい恋』(日本テレビ)が好調だ。大野智にとって初となるラブコメ、しかも連続テレビ小説『あさが来た』で主演を務め、一躍注目を集めた女優・波瑠との共演ということで、放送開始前は賛否さまざまな意見があったが、蓋を開けてみれば第4話までの平均視聴率は12.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。データニュース株式会社が運営するテレビウォッチャーの調査でも、第2話の満足度が3.89と、同サービスが定める高満足度の基準3.7を大幅に上回る結果となった。

大野はこれまで、『怪物くん』(10年・日本テレビ)や『死神くん』(14年・テレビ朝日)などの出演作品から、漫画原作のキャラクターを得意とするイメージが強かった。ドラマ評論家の成馬零一氏は、書籍『嵐はなぜ史上最強のエンタメ集団になったか』にて、大野の演技の魅力を「役者としての自分をどこか突き放した視線で見つめているかのような強い客観性」にあると指摘していた。そのクールな態度こそが、現実離れした役柄にマッチしていたのだろう。なにを考えているのかわからないミステリアスな雰囲気が、これまでの大野にはあった。

全文は以下にて。

情報源: 嵐・大野智、『世界一難しい恋』の不器用男はなぜ“当たり役”に? 活動スタンスの変化から考察 – エキサイトニュース(1/3)