三宅健くん、右足骨折で全治3か月 「滝沢歌舞伎」は演出変更で続投

66

12日に舞台「滝沢歌舞伎」(東京・新橋演舞場)で右足を負傷したV6・三宅健(36)が13日、都内の病院で「右母趾(ぼし)基節骨骨折」で全治3か月と診断された。

この日、夜公演に出演し、「心配しないでください」とあいさつした。5月15日の千秋楽まで、足に負担のかからないように演出の一部を変更して出演を続ける。

情報源: V6三宅健、右足骨折で全治3か月 「滝沢歌舞伎」は演出変更で続投 : スポーツ報知