V6 ASIA TOUR 2010 in Japan "READY?"

40
        ※ ネタバレ注意 ※

ゴールデンウィークにVコンなんて初体験かも。
連休中ということもあってか、まったりした気分で出かけられるコンサートなんて久方ぶりなので、なんか余裕のヨッちゃんで参加して参りました。

あたくしが参加したのは、マッスーが来た4/29 2部と、翔ちゃんが来た5/1 1部。
ゲストが来たのはこの2回だけだったのかしらん?
なんか、行くたびに誰か来てたので毎回誰かしらかが訪れているのかと思ちゃった。

いやー、それにしても人間ってここまで贅沢な性格になれるのかと、自分を疑いました。
何せ、健ちゃんの舞台で1列目、2列目を経験しちゃったばっかりで、Vコンも2F最前、1F 5列目以内という驚異的な近さでして「もう、気を遣うからこれ以上前に来ないで~」なんて思ってしまうワケですよ。特にトニセンが前に来たときは「私なんかが目を合わせてはいけない」という使命感で(笑)、なぜか、3Dアートを見るようにボヤ~ンとした目つきになってしまったり・・・。

で、肝心のコンサートの内容はと言えば、まぁ今回はASIAツアーの構成をベースに、新アルバム「READY?」の楽曲を加えたセットリストになっていたので、「オイシイとこ取りライブ」なのかも。PV映像もふんだんに盛り込まれてますし、過去のカタログからのチョイスはいかにも王道といった感じで、これにアジアにも輸出された彼らが主演した映画のテーマソングを絡めたサービス精神も。

だけど、やっぱり往年のVファンなら、やっぱり中盤のLED画面の前で繰り広げられる横一列のダンスシーンがお好みだったのではないでしょうか?私も勿論あそこはゾワーッっとしますね~。あとは、2001年のカミコンを彷彿とさせる「XTC Beat」のモニター映像とリアルメンバーとのミクスチャーダンス!私にとって、2001年と2002年のカミコンはメンバーのお年頃もセットリストも、衣装もセットも全てが”『神』コン”なので、また同様の演出が(時代を経たアレンジも一興)嬉しかったな~。とにかく、「XTC Beat」、「Top Checker」、「強くなれ」、「Light in your heart」のフローは、演出から何からみんなひっくるめて今現在のV6が出し得る最高のパフォーマンスだと思いました!!
あと、1コーラスだけで残念でしたけど「Orange」も、もうライブでは聴けないと思っていた曲だっただけに興奮しました~。

特筆すべきは、オープニングの3D映像。
あれを、まず最初に日本のオーディエンスにじゃなくて外国で先にプレゼンしたことには一抹のジェラシーを感じざるを得ませんが、まぁ、今回こうして凱旋ツアーとして日本で見せてくれたので結果オーライ!かな。

そうそう、開演前のアナウンスが多言語化していたのには驚きました。
それと、代々木七不思議・・・。なぜか、後半に差し掛かると食べ物の匂いに包まれる客席。ケータリングの場所があたしの席の真下にあったのかしら??

ちなみにMCのテーマは「かりあげ」と「サインボール」でしたが、後者は爆笑トークだったので(DVD化されるようですし)皆さん是非楽しみにしていて下さい!

また、思い出したら来ます。

JUGEMテーマ:V6 

JUGEMテーマ:ジャニーズ