#Time_KinKi 怖れずに、痛いくらい、愛したいなう。 #kinki

33

 「Time」をようやくCDで聞く事ができる日がやってきました。

何故かこの時期に久しぶりに気合が入ったMusic Videoも用意されたとの事で、映像の方も非常に楽しみにしていました。

今回のシングルに、KinKi Kidsとして初めてPVというか、MVとそのメイキングがオマケに付くということも画期的ですし。。。

でも、相変わらず他社レーベルと違って直ぐに初回が打ち切りになるのは、何とかして貰いたい。
しかもノーディカウントだし。
いまどきこんなHigh飛車なご商売ができるなんて
うらやましいもんです。

いや、良いんですよ。
価値のあるものにはちゃんと出させて頂きますんでね。

そのAVだか、DVだか、PVだか、MVだか、については、後日語りたいと思います。

ちなみに、熱心でKinKi Kidsを高評価してくれたLAの監督さん、Marcus Nispelさんのお名前を軽くネットで検索したところ

有名なホラー映画をリメイクする事で有名な監督さんに行き当たったんですが・・・

まさかのまさかsですよね?

「テキサス・チェインソー・マサカ」をリメイクしたらしいので、正にマサカなのかもしれませんが・・・??(←駄洒落たつもり)

ちなみに上記の映画は、日本では「悪魔のいけにえ」でおなじみですが。

オリジナルは、今や”クラッシック・ホラー”と言って良い問題作ですよ。

蛇足ですが、↑の映画タイトルの中にある「マサカ」は、massacreと書き、大虐殺という意味ざんす。

なので、英語圏の方に真剣な顔で”マサカ!”と言ったら、それこそビックリして逃げ出すかも・・・・。(nanchatte…)

そう、そう、肝心の音楽!!!

光一さんがヘッドセットして聞いてくれというので、まずそうして聞いてみやした。

そう、そう、それよりまずラジオで聞いてた時からずーーーーっと気になってたんですが、

英語の歌詞の割り振り方オカシクね?って。

まぁ、どうでも良い事かもしれませんが、
ずーーーーーーーと気になっちゃって。

だって、光一さんパートによる歌いだし
最初のヴァースなんですが

”I won’t let you cry”を
アイウォンレッチュクライって歌うじゃないですか?

これ、
まじ、
超不自然。

ウォンレッチュクライでしょ。普通。

つーか、日本人が書く曲の英語の歌詞はしょせん日本語扱いだから、
ムキになっても意味がないとは思えど
何度聞いても耳に馴染まないので、ここで指摘させて頂きました。

まぁ、歌詞についてはまた後ほど、ゆっくり語らせてくださいませ。

後ほどゆーても、ここは、さほど大勢の方に関心を持っていただいてはいない場所ですので、いつも気ままに言いたい放題させてもらっているという次第・・・

そういや、ついでに、歌詞についてなんですけど、

最初はね、

あーまた、少女マンガみたいな甘々のラヴソングじゃーーーん
って、感じでまーーーーったく関心が向かなかったんですよね、ぶっちゃけ。

例によって、どこにでもあるフレーズばかりで。

でも、何度も何度も繰り返し聴かされてるうちに、

なんかね、すごく ぐっと掴まれるようになったフレーズがちらほらあって

その一つが、剛さんが歌ってる

臆病で閉ざされた・・・

ってとこなんですけど、

特に剛さんのヴォーカルと最大にマッチしてる歌詞だと思ったんですよ。
ここが。

・・・解けていくよ~

のとこなんかは、歌い方がマジ解けていく感じだし・・・

気づけば、ぱなくハマってしまったのよね。

あと当然

あの時からぁ~ のとこが大好きで

いつも口ずさんでは
頭から離れなくなりまして・・・・

正に光一さんのご忠告どおり。

あの時からぁ~に続く歌詞の中でも、

特に

怖れずに君を愛して

痛いくらい君を愛して

って、フレーズは
ズキューーーンと胸に刺さりましたね。

確かに、私が怖れずに、痛いくらい愛せていたら
新しい世界へ歩いていけたよなぁ、と思いあたる事が何度あった事か・・・・・

「若者よ、怖れずに、痛いくらい誰かを愛せよ!」
と、私は言いたいなう。

では、今日のところはこれまで。

さらばじゃ。

JUGEMテーマ:KinKi Kids