THE GOOD-BYEライブ

28

きのう約1年ぶりにグッバイのライブに行ってきました。
横浜にリオープンしたBLITZは、なかなかに計算し尽くされたいいハコでしたよ。音響もすごく良かったし。
去年13年ぶりに再結成したリユニオン・ライブは、キャッツの初日舞台挨拶を抜け出して行ったんだよな~なんて思い出しながら、2階の指定席につくと前の列は野村一族が!パパもママも元気そうでした。そして、義男の娘もずいぶん大きくなってパパにそっくりで・・・(笑)。
演奏を聴いていて懐かしさのあまり感涙するのは、さすがに去年までって感じでしたが、それでも「Don’t Make Me Blue」のイントロを聴くと涙が・・・悲しい。義男には悪いんだけど、ヤッちんの才能が凝縮されたこの曲が一番好きだなぁ。リリックの世界がすごく当時の若者のインナーワールドを表現していて(現代にも通じるものがある)、しかも曲と恐ろしくマッチしていて、とにかくライブパフォーマンスがいいのよねぇ~。それを照明から何から当時そのままの演出で見せてくれるんで、軽くタイムスリップした気持ちにさせてくれました。
去年は興奮のあまり冷静に見られなかったんですけど、今回はすごく落ち着いて見られたせいか、今まで気づかなかったところもたくさんあって自分でも驚きました。当時の方がいろんなバンドを見ていたし、それこそ洋楽も今よりずっとたくさん聴いていたのに、今のほうが細かいスキルに気づくんですよねぇ。あ~、ここのリフって義男もヤッちんも同じコード弾いてたんだーとか、ハチのベースってこんなに重かったっけ、浩一くんのスティックでちょっと太めなんだ、だからあんなに小さい体でもパワフルなドラミングができるんだなーとか、etc…。
まぁ、随所に危なっかしいところもあったんですが(笑)、とにかく演奏をし出せばハンパないスキルなんですよ。義男はもちろんのこと、ヤッちんのギターも素晴らしくて、特に「Another World」のセミアコは絶品!そして、ボーカルカラオケには酔いましたときめき。一番ときめくのは、義男とヤッちんのツインリード。懐かしいわ、かっこいいわで筆舌しがたい・・・。ミリタリールックで演奏したハードロックチューンの義男タイムなんぞは、ロックを志しているすべての若者に見て見る欲しいぐらい。
TOKIOも團ちゃんもまだまだだなー赤ちゃんと痛感しましたね。