KAT-TUNビッグになったね、の続き。

28

前回は不満な点ばかりを綴ってしまいましたが、勿論ショーとしては素晴らしいショーでした。
サウンド面は確かにこれからの課題かもしれませんが、シングル等の代表曲を歌う時にライヴバンド導入を試みた等は称賛に値します。だってあの会場の中でそんな事を気に懸けるファンなんてそうはいないでしょうからね。モグモグ
一部の曲を除いて、殆どがライヴヴォーカルでしたし、歌詞用のモニターも当然ないので、皆歌詞もちゃんと覚えていて立派ニコニコ(当たり前っちゃあ、当たり前なんですけど、KinKiさんはあまり覚えてなさそうな曲も多いので・・・マル秘たらーっ)。
まぁ、中丸くんプロデュースのコーナーで、仁くんが歌詞間違えたりはしましたが、「WATER DANCE」の英語の歌詞のリピートなんざ、順番覚えるの大変そうなのに、見事に間違えずに歌いあげてましたよね。ラッキー
そんな細かい事はどうでもいいのですが、とにかく大きい面を語るなら、LED画面も高画質だわ、セットは豪華でステイリッシュだわ、噴水や大勢のJr.の活用も半端ないスケールだわで、本当にケタハズレのショーでした。
最近嵐とSMAPを見ていないので、それらと比較はできないのですが、自分の知る範囲ではジャニーズ最高峰のエンターテイメントと言えると思いましたね。びっくり
とにかく1曲1曲毎に演出が大きく変わるので、一度見る見ただけでは何がどうなっているのか把握できない程食事盛りだくさんビールなんですよね。
それなのに、あたしゃ、今回は双眼鏡を忘れてしまって、確か前回はメガネを忘れて終始双眼鏡だけで見た覚えがあったのですが、なんで毎回一番大事なセットを忘れてしまうのか・・・・唖然工具撃沈工具困惑工具
でも、その代わりに常に全体を見渡せたので、今回はそれはそれで良かったかなとも思います。チョキ嬉しいチョキ
それでは今日のところはこの辺で。
また、来まふ。靴
P.S.
先日のブログを書いてから、NINのサイトでアジアツアーの追加日程をチェックしていたら、トップページのクリスマス風の画像があったので『いまごろ??』と思いチェックしたら、写真の男性が心臓だったか(?)を直ぐにでも移植しないと死んでしまう危機にあるので、移植手術の為の寄付をTrentがサイトで募っていたのですが、その寄付に対してのお礼の内容がすごかったんですよ。
いくいくら寄付すると、NINのバックステージに入れたり、サウンドチェックを見学出来たり、メンバーと写真撮影したり、サイン貰ったり、食事を一緒にしたりなどVIP扱いをしてもらえ、またいくいくらの寄付だと、ステージの袖からギグが見れるとか、またいくいくらからだと握手とハグができるとか、寄付金額によってそれぞれのVIP待遇が用意されてるんですよ。びっくり
最高受付寄付額が$1,200なので、約10万円くらいですかね。
そして今日サイトチェックしたら、なんと既に$850,000集まったんですって!びっくり拍手拍手拍手拍手
すごいですよね。グッドグッドグッド
この企画をジャニーズさんがやったら、軽く数時間でクリアしちゃうでしょうけどね。(まぁ人によるとは思いますが・・・・イヒヒ
素晴らしい人ですよ、Trentは。悲しい
P.P.S.
今、翼くんのラジオを聴きながらブログを更新していたら、「空」がかかりました。さーすが、翼くん!義理堅いよね。拍手拍手拍手
P.P.S.
ROOKIESのキャストが出てる「東京フレンドリーパーク」見ました楽しい汗
五十嵐隼人くんって人が終始楽しそうにはっちゃけてて、好感度上がっちゃいました。あのジャンプして光を止めるゲームの達成率が100%だったのはすごい!すごい!!
ちなみに彼し、ウルトラマンなんだそうですね。
仮面ライダーとウルトラマンが出てる割には、あんまり金貨貰えなかったですがね。イヒヒ
映画は見に行かないけど、彼らが番宣しているのを見るのは大好きな私でした。楽しい汗工具