A.B.C-Z 初シングルCDは“マイケル風”!五関晃一くんが振り付け

38

ジャニーズ事務所の5人組、A.B.C-Zが30日、東京・文京区の東京ドームシティホールで9月30日発売の新曲「Moonlight walker」を初披露した。

2012年2月のデビュー以降、DVDで新曲をリリースしてきたが、今回は初めてCDで新曲リリース。「大人かっこいい」をテーマに、故マイケル・ジャクソンをほうふつさせるハットにジャケットスタイルの衣装で魅せた。振り付けは五関晃一(30)が担当し、ムーンウォークをモチーフにしたダンスや腰を大きく動かす踊りを取り入れた。

同事務所のジャニー喜多川社長(83)はマイケルと親交があり、河合郁人(27)は「ジャニーさんの好きなマイケルの雰囲気も取り入れた」と説明。初シングルCDに橋本良亮(22)は「出したい気持ちはずっとあった」と満足げだった。

この日は同グループとSexy Zoneが同所で1カ月にわたり日替わり出演した「Summer Paradise in TDC」の千秋楽で、全43公演で10万人以上を動員した。

情報源: A.B.C-Z初シングルCDは“マイケル風”!五関が振り付け – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)