2010年秋クールのマラド じゃなくてラドマ

41

ども、また来ました。

忘年会シーズン到来まで、しょっちゅう来れますので、よろしくです。

今回は秋クールのドラマについて語りたいと思います。

今秋のドラマは、お気に入りさんが沢山ドラマに出てて、録画して見るのも大変でした。
嬉しい悲鳴です。

バイセコ山田孝之くんの「闇金ウシジマくん」を筆頭に、
山Dとは似ても似つかない、同じ事務所の後輩のユラユラ岡Dも「黄金の豚」で大活躍だったし、
そのまた後輩の市川智宏くんと「ヤサコロ」の菊ちゃんの深夜ドラマ「クローンベイビー」があったり、
玉木も出てたし、
タケちゃんもパフ
オグさんの獣医やら
その裏では、
木村了くんが、突然全く見てもいなかったドラマに途中から参加して、
もうてんやわんやざんした。

その中でも一番楽しめたのは、やっぱ「フリーター、家を買う。」・・・かな。
ニノがやっぱりなんと言っても素晴らしい。
脚本も良いし、キャストも良いし、
今のご時勢にマッチしている内容で、すごくためになると思って見てる人も多かったのでは?
当初は、あまり期待してなかったせいか、すごく良かったです。

2位は「Q10」かな。
モノマネもマスターしたし
タケちゃんも可愛くて、Q10も可愛くて、
内容もさすが「野ブタ。」チームというだけあって、単なる学園ドラマになってない感じが良かったもん。
大人も見れる感じ。
ソフトな哲学っぽい内容だったりね。
「さらば恋人」の回とか、時生が中退する回とか、めっちゃ泣けたもん。
また、あの校長先生のキャラが最高だったよ~~~
最近の土9はまた良くなってきましたよね!
ちなみに私の友人にアツコって子がいて、前田敦子さんにそっくりでして・・・。
若い頃だけどね。
髪型からなんからそっくりで、いちいち思い出しちゃったよ。

そういや、柄本家がマジ親子で出演してたのも貴重なような、そうでもないような・・・ってのもありました。

3位とかって訳ではないですが、「ギルティ」もなんとなく楽しみに見てました。
2倍速とかに一度もしなかったもん。
唐沢寿明さんが脇役で出るなんて、意外ですよね。
でもイイ味出してました。

玉木が出てる連ドラで全部飽きずに見たのは、のだめとこれだけだなぁ・・・。

「黄金の豚」も岡田将生くんが結構沢山出てたので、楽しく見れました。
リーマン姿はちょっと好みじゃなかったけどね。
ユラユラ岡Dのあだ名は、うちの近所の小学生(女子)によるものです。
その女子が私に「黄金の豚見てる?」と訊いたので、
「見てるよ~、だって、岡田将生くんが出てるから。
岡田将生くん、好き?」って訊いたら、
彼女は大きく首を横に振ったので、
「えーーーー!!!!!なんで???めっちゃキレイじゃーーーん、イケメンじゃーーーーん」って私が言ったら、

「ユラユラしてるから、好きじゃない。」と。

ユラユラ・・・・・・???!!!

なんかユラユラの意味がよく分かんなかったけど、ユラユラしてるって言われれば、なんかそうかなって・・・・

少し間を空けて、大爆笑しちゃいました。

その後に付け加えたのが、

「あと、なんかヤギっぽい」

でした。

もろ、草食系って事ね・・・・

いやーーーー、子供って、鋭いわーーー。

びっくら。

「黄金の豚」でも将生は良く笑い、
良く泣き、
良く食べ、
良くへたれ、(はたれてません、念のため)
良く天然な表情をし、
良くちゅーをし、
良く甘噛みし、
良くぶったたかれてましたね。

よくぞついでに生ケツ出さなかった、と感心するばかりなりですよ。

でも、やっぱスーツ姿ばっかは、物足りないなぁ・・・

最後に「闇金ウシジマくん」ですが、
さすがに映画撮影と映画撮影の間に、やっつけで撮っただけあって、
鍋Dじゃなかった、山Dの出番が全然ないんだも~~~ん。
その代わりおっぱいばっかでさ。
しかも、あの髪型だし・・・・・

でも、D☆DATEの荒木宏文くんが出てたり(夜中のテレ東の番組欠かさず見てるのよね~)、舞台「薄桜鬼」で槍の人を演じた橋本淳くんとか、イケパラに出てた崎本大海くん(←なんて読むかは謎)が出てたのは楽しめました。

出来ればもそっと見ごたえのあるドラマに出て欲しいす。

では、この辺で。

また来ます。

Happy Christmas

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ