V6コン軽~くレポ ※ネタバレ※

25

※コンサートのネタバレしたくない方は読まないで下さいね※
いやぁ~、14時からって早過ぎでしょーが汗
でも、とにかく今回は盛りだくさん!
スタンダードで3時間ありますからね、氣志團並でございます。
まぁ、まだコンサートを見ていない方がほとんどでしょうしYES!、あんま具体的な内容が分かるようには書かないようにします。
冬のツアーゆきということを意識した楽曲も盛り込まれていますし、ニューアルバムCDの曲もたっぷり聴かせてくれます。もちろん祝10周年ならではの楽曲も目白押しでごさんすよ。MCもそこそこ長いし、ソロも充実しています。でもって、トニカミでの見せ所もちゃーんとあってときめき、構成は本当に豪華お金です。でも、何がスペシャルかって、生バンドだってことですよ拍手拍手拍手
やっぱり生バンドはいい!(代々木は音が悪すぎるけど)。
ということで、今回はどちらかというと、しっかり「見せる見る」コンサートになっております。だから、アリーナを十字病院で区切った花道はないし(左右にはエアー花道あります)、バックにステージもありません。なので、ここ2年ぐらい続いた”ふれあい犬猫”的な要素は減少しているかもしれませんが、でも、何と言ってもコミュニケーション好きなメンバーなのでサービス精神プレゼントは旺盛ですよ。
しかし、そのアリーナのど真ん中にセットされたステージの効果ひらめき(サンダーバートは必見!!)を始め、オープニングとエンディングで使った天井から吊るされたフローティングステージや(ちょっと考え付かない動きをするんですびっくり)。そして、メインステージのセリ部分を効果的に使ったスモークプシュー技といった(おそらく、活字では想像できないノーノーと思いますが)新しい試みもV6ならではでした。
いやハッキリ言って、セットとか仕掛けとかって、このグループの場合もうやり尽くしたんじゃないか?と思っていたんですけどね、まだまだこんなにアイデアがあるんですねたらーっ。LED画面もひときわ大きく、そこに映し出されるこのコンサートの為に撮影したVTRなんかも鮮明でね、もう生のメンバーを見るか映像を見るか究極の選択を強いられましてパクッ・・・。とにかく、ものすごいプロっぽいステージになってます!ちなみにクレーンやトロッコはありません。
嵐の翔くんが陣中見舞いに来ましてラッキーMCに参加したんですが、もともとはお祝いメッセージのVTRで登場したんです。自分が事務所に入ってすぐにVコンのバックを努めたという話を皮切りに、オチとしてはキャッツメンで集まった時に、岡田くんに送ったメールだけが返ってきてしまった冷や汗ので、電話ケータイを変えたときは連絡下さいって内容だったんですけどね。でも、このメッセージは代々木で撮られたものだったらしく、翔くんはイノッチに呼ばれてステージに桜。これまた彼らしくオシャレなモノトーンのデザインカットソーにボロジーンズ履いて、服の色に合わせたメッシュキャップを被っているんですけどね、上に羽織ってる上着が超微妙なのムニョムニョ(爆)。もうね、あたしゃ、そればっかり気になっちゃったよニョロ
嵐も本日6年目というアニバーサリーだそうで、逆にVメンから翔くんに対しても「祝おめでとう」が贈られていましたよ。イノッチの絶妙なサポートもあって、しっかり映画映画と新曲CDのPRをしておりました。だかしかし、岡田くんとは(いつもながらピピピ)大して触れ合わずに帰って行きました。せっかく、ぶっさんとバンビが揃ったのに・・・。
2階の2列目だったので、触れそうで触れず生殺しのような席でした汗。でも、とにかく激近のポジションで1曲歌ってくれたので、も~う満足食事。ただ、あの髪型は至近距離でつくづく見ると(しかも前も後ろも)すご過ぎるショック。単なる刈上げ君だもの悲しい。剛つんより短いもんねぶー。あー、いつもの髪型だったらば、あんなに前で見れたら、マジであたし死んでたかもポッんもーう、死にたかったのにぃ~怒りマーク