華麗に将軍ぷーかぷか・・・

23

すごいね、このブログに”木村拓哉”ってカテゴリーないのねびっくり(笑)。
ちょっとSMAPでエントリーするにはノリが違うような気もしますが・・・たらーっ、「華麗なる一族」最終話の感想を(backあたしがこのドラマについて語れるのかよって自分で思ったりもして困惑)。
木村くんも将軍魚も肖像画も(特に本読んでるやつ)正直始めはどうなるかとやや心配でしたがおばけ、結果的にはすごく良かった~(木村くんだけ)拍手拍手拍手。なんだかんだ言って木村くんにはいつもグッ汗とさせられてる気がします。
鉄平が大介の本当の息子だと分かった10時跨ぎのシーンには、テレビ局の戦略が見え見えであってもおばけ号泣悲しいしてしまいましたもの。
でも、もう将軍お金に会えないと思うとちょっと寂しいかもポロリ
ぷかぷか浮いてたサマも期待を裏切らなかったしグッドbackホメてるつもりおばけ
大体「白い巨塔」といい、社会派ドラマは好きなんですよ(ただし「男」が真ん中であることが条件。テへッ楽しい)。しかも、鉄やステンレスが全国各地で盗まれている昨今、テーマも興味深かったし・・・モゴモゴなんちって。
オマケに”あの”氣志團万博2003よつばのクローバーの会場である、新日鐵君津でロケしたり、工場の映像も使ってますからねー(帝国製鉄の所長室は木更津市役所だったりもするイヒヒ)、尚のこと親近感が沸くと言うものっすよー。
それなのにしょんぼり鉄平さんが棺桶に入ってるお姿を見て「ぶっさんならここでガバッと起き上がる」とか思ってしまうあたし・・・てれちゃう。しかも「あーあー、落っこっちゃってるよー」ってセリフまで脳で反芻冷や汗(しかも、このシーンうっちーなのに)。誰かが死ぬシーンを見るとぶっさんが突然乗り移ってきて悲しみが倍増しちまうのさ悲しい悲しい
しかもだ!、大介が築いた銀行がまた他行に飲み込まれるスピンオフまで見たくなってきたグー、と思った瞬間、大阪でたこ焼の屋台をひっぱる落ちぶれた銀平の姿まで思い浮かんでしまったポッ。極めつけは「専務にちゃんとバイバイ言いたくねぇのかよ!」って叫ぶ成宮寛貴くんの姿さえ・・・病院
だって、(全然違うけどノーノー成宮くんは純だしさーパクッ(全然違うのにノーノーノーノー木更津だの君津で撮ってたしさーパクッ(全然違うスタッフだけど)TBSだしさーパクッ、主人公死ぬしさーパクッ、ジャニーズだしさー・・・パクッパクッ
今、そんなんと比べんなよ~!と思ったあなた唖然!
そんなんとキャッツを・・・でしょ!?ぎゃはははは楽しい
やっぱり、あたしに木村くんは語れなかったしょんぼり
・・・かき回してすいません撃沈撃沈