興収は前作の半分…木村拓哉くん「HERO」想定外大苦戦の理由

108

公開中のSMAP木村拓哉(42)主演映画「HERO」がよもやの苦戦を強いられている。

興行成績を集計した映画ランキングでは、公開から2週連続1位を獲得し、先週末までの累計で210万人を動員しているものの、ランキングでは「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」(前編)、「ミニオンズ」の後塵を拝して3位に転落してしまったのだ。

「07年公開の前作は2週目で33億円を突破し、最終的にはその年の邦画トップの81.5億円を記録。前作を上回ったのは初日の数字だけで、すでに興収は前作の5割ほどにとどまっている」(映画ライター)というから関係者の顔色は一様に悪い。

情報源: 日刊ゲンダイ|興収は前作の半分…キムタク「HERO」想定外大苦戦の理由