禊は終わった!HI! HI! HIROCKYレポ

36

コホン、で、今日はちゃんとレポを書くざます。
久々の武道館だったのですが、内コンに来るお客さんの多くは武道館は初めてという若い方々が多かったようで、私は2階西スタンドの出入り口付近の席だったので、入ってくる人が席が分からず係員さんに確認してたり、右往左往しているのを楽しく拝見してました。
まず、円形なので(正式には八角形)どっちがどっちだか方向が分からない人が多く、「Wのフォー」だよと言ってる人がいて、「ああ~西スタンドの4列目」なのかと思っていたら、係員さんが「西スタンドのF列ですね」って。
「Wのフォー」じゃなくて「WのFじゃね?、なんでFがフォーになった?F4のフォーか?」と想像力を掻き立てられてしまいました(笑)。
あとは、「SW、W、NW・・・ってなんでWが3つもあんの?うちら、どのW?」という会話(爆)。
よく見てごらん。Wだけじゃなくて、Eだって、NE、E、SEと3つあるんだよ~。内くんのファンだったら、NEWSのデビュー曲を思い出して!!NEWSって、N(North)E(East)W(West)S(South)って意味もあるんだよ~。
極めつけ。
係員さんの「アルファベットG以降の方は通路より上の階段を上がって下さい」という呼びかけに、「うちらMだから通路より前じゃね?」。
あの~、前であって欲しい気持ちは分からないでもないけど、多分通路よりだいぶ後ろだと思うよ~、うん。
武道館が彼女らにとっては”新しい”会場なんだって、改めて知った瞬間でございました。
また、前置きが長くなっちゃった(苦笑)。
肝心のコンサートですが、下に畳ませて頂きますね。


前回の公演はライブ復帰第一弾ということで、観客も含めやはりどこか少し重苦しいムードがあったのですが、今回は晴れ晴れしたステージでした。
内くんだって謝ってばっかりはいられないし、観てる方もいちいち泣いてばっかりいたって仕方ないですからね。
そういうのは前回で十分浸ったから、もう禊は終わったなって強く思いました。悲痛にくれた日々を詞に乗せた「虹色のそら」ですら、ニコニコの笑顔で歌った内くんの表情が、それを如実に物語っておりまして、これで私もやっと安心することができます。
衣装も前回の使い回しが多かったように思いますし、セットも武道館だからといって決して派手ではなく、むしろ地味ではありましたが、ツアーコンセプトのブラック・レッド・ホワイトというモダンなカラーリングのステ-ジセットで、衣装もこのコーディネイトにマッチしたものでした。
アリーナはステージに多くのスペースを割いていたので、多分500席ぐらいしかなかったんじゃないかな~。その分、2階でも良く見えたのでラッキーでした!
初日公演ということもあって、本人いわく「すっご緊張して食事が喉を通らない」ほどだったそうですから、ちょぴりそれがステージにも反映されていたかな。ドラムと度々息が合わなかったり、ピンクの蛍光色の手袋がなかなかハメられなかったりと、許容範囲の小さいハプニングもございました。
キスマイが紹介されると、会場がもうすんごい雄たけびでして(困惑)、内くんなんぞスッ飛んでいくほどの勢いだったのですが、私は内くんのモチベーションが逆に上がってよろしいんじゃないかと思うわけです。自分が休んでいる間に、後輩がこんなにもファンを獲得しているんだという現実を認識できますし。内くんは絶対「負けへんで!」と思うキャラなので奮起を期待します。
中盤にMC~アコースティック・コーナーに移行するのですが、そこで北山くんと2人で「大阪レイニーブルース」を1コーラスだけなんですけど、歌いましてね、さすがに、私も先般の横アリで泣き過ぎたせいか(笑)タイトルコールを聞いても涙は出てこなかったのに、サビの部分で会場のお客さんがみんな手ブリをしている光景を見て、ぶわぁ~っと涙が出てしまいました。
ええ、ファンやん、みんな。
と、言うわけで、例の如くセットリストの半分も知ってる曲はなかったのですが(笑)、元気な内くんが見られて幸せでした。
ちょっと、痩せて髪も短くなってしまったせいか、オーラは弱くなりましたが(苦笑)、それでも抜けるように白い肌、キレイな指先と、くしゃくしゃの笑顔は健在でした。
内くんはやっぱり大きい口開けて笑ってる顔が一番です!