相葉雅紀くん『ようこそ、わが家へ』視聴率回復!「展開遅い」「飽きる」の声

146

嵐・相葉雅紀が主演を務める連続ドラマ『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)の第3話が4月27日に放送され、視聴率は12.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したことがわかった。

初回に13.0%を獲得し、2話では11.4%に低下してしまったが、3話で復調傾向に。しかし、視聴者からは物語の展開の遅さにうんざりする声が上がっている。 

相葉にとって初の月9主演作となった『ようこそ、わが家へ』。月9といえばラブストーリーが王道だが、今作は平凡な一家がストーカー被害に巻き込まれるというサスペンスタッチのホームドラマ。平均視聴率28.7%の『半沢直樹』(TBS系)や、昨年放送の『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)も平均16.0%とヒットドラマが続いている作家・池井戸潤氏の作品が原作とあって、視聴率にも注目が集まっていた。

「2話で数字が下がった要因としては、裏が強かったことが挙げられるでしょう。13.1%を獲った『人生が変わる1分間の深イイ話 花形職業は本当に幸せなのかSP』(日本テレビ系、午後9~10時台)、深夜枠からゴールデンタイムに進出して12.8%を獲得した『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系、午後7~9時台)と強敵が並んでいました」(芸能ライター)

情報源: 嵐・相葉雅紀『ようこそ、わが家へ』、12.0%に回復! 3話も「展開遅い」「飽きる」の声|サイゾーウーマン