櫻井翔くん 慶応時代は「富士そば」「ゲーセン」「HMV」の常連

97

4月17日に発売された本『嵐、ブレイク前夜』(主婦と生活社)。発売前からAmazonのベストセラー本ランキングで1位を獲得するなど、大きな話題となっている。

「ネットニュースでは“暴露本”と煽る向きも見られましたが、実はかなりマジメな内容だという印象です。変にスキャンダラスな描写もないし、ファンが本当に知りたかった5人の姿がそこにあると感じますよ」(スポーツ紙記者) 

そんな同書で、櫻井翔の慶応への強いこだわりがわかるエピソードが紹介されている。《俺は嵐でいることよりも、慶應生でいることのほうが誇りだ》(『嵐、ブレイク前夜』より。以下《 》内は同書より引用) 

‘99 年のデビュー当時、慶應義塾高校の3年生でもあった櫻井翔。幼稚舎から大学までの16年間を過ごすことになる“慶應”への思い入れは並大抵ではないようだ。 しかし、その学生生活は意外と庶民的。友達とよく立ち寄っていた店も大手立ち食いそばチェーンの『富士そば』。

嵐、ブレイク前夜

情報源: 櫻井翔、慶応時代は「富士そば」「ゲーセン」「HMV」の常連|週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する