松子よ・・・・・、神様はいたよ。

39

あーそうさ。

私はまた行ってしまったさ。

水曜日の前楽にも行くってのに。

だってぇ、なんかこんな狭い映画館みたいなとこで、TV見てるみたいに近さで、木村了くんの舞台を生で見れるなんてチャンスはもう2度と訪れないだろうから、やっぱ行ける時に行けるだけ行きたいと思ったんすよ。

これからも舞台はいくらでもやるだろうけど、この劇場は超スペシャルですから。

例によって当日券で入ったんですが、これがね、もうびっくら。

だって、あーた、最前列だったんですよーーーーーーーーーーーー。

ありえませんよ

まぁ、普通舞台で最前列は喜ばないのでしょうけど
でも、あたしは違うから。(目的がね

しかもよ、前回はご報告したとおり、私の横の通路にだけ、木村了くんは通ってくれなかったのに、今回は木村了くんが何度も通る通路席の最前列だったんですぅ。

リヴェンジ大成立。

神様、仏様、ヒゲの神父様、本当にありがとうございました。

あの「Endless SHOCK」を最前列に観た時の感動と電撃が蘇って来ましたよ。

まぁ、同じ最前列でも、帝劇の40倍は近いけどね。

だって、インフルエンザが移るくらいの近さで真横を通るし、そんでセリフを言いながら通路をガンガン通るの。
息遣いが聞こえるほどでさ。

もう若返りエステ100回分の効果ですよ。

しかも、木村了くんが劇的に近いサイドでして、神父からヤクザに早代わりする時に、黒いコートをステージ上で脱いで、それをステージの下へ放るんですが、その全てが私の目の前3m以内のとこで行われるのです。しかも脱ぎ捨てられたコートはちょっと腰を浮かせば、手に届く位置にあるのよ。

あー、拾い上げて、匂いたかった。

もう顔が目の前に接近してきた時なんざ、手を差し伸べてチューを受ける態勢を取りそうになりましたよ。
どうどうど
うどうどう・・・・

しかも、風呂上りでタオルで首に巻いて、髪を乾かしながら登場する時なんざ、そのタオルを私の目の前に捨てるのさ。
コートより更にもっと近い位置にあるから、ちょっと手を伸ばせば手が届く位置にあるのよ。

あー、拾い上げて、持って帰りたかった。

とうとう終演まで、タオルはそのままの位置にありましたが、やっぱね。
それはさすがの私もできないさー。

その代わり、木村了くんが隠し持っていた袋詰めのシャは貰ってきちゃった。

数袋を手のひらに握り締めてて、松子に諭されてャブを投げ捨てるんですが、あーしの目の前に袋がひらひらと落ちてきたので、それは頂いちゃった。
木村了くんがぎゅーっと握りしめてたから、袋が結構シワシワなのが貴重です。
携帯塩として、お守り代わりにさせて頂きます。

でもね、残念な事もありました。
髪型が変わってたの。
先週は、ちょい前の山Dみたいな真ん中分けのロン毛のパーマでステキだったんですが、今回ははらりと落ちる髪をぺとーって両サイドに撫で付けちゃってるの。
ソフトモヒカン風ね。

多分、前の髪型だと、顔が見えないという意見が届いたのかもしれませんね。
まあ、撫で付けてた方が役にあってるから、そのせいかもしれませんが。

あと、さすがに2度目なので、段々ストーリーや演出の意味、細かいセリフ等も頭に入ってきました。
いやー、よく出来てる舞台ですよ。カンパニーの呼吸も完璧だし。

当然、セットや演出に豪華さはない分、役者の力量が問われます。
もちろん地声だけでマイクもない。
しかも客席から近い上に、ほぼ360度に客がいるので、いかなるごまかしもききません。
すごい現場だと思いますよ。

演出もあの会場を活かした最大限の演出だと思いますし、その醍醐味を十分に味あわせてくれる感じです。

そんな中でも、木村了くんがすごいのはさ、セリフを咬まないのよね。
他のプレーヤーは、ぼちぼち咬みだしてましたが、彼は前回も今回も完璧。
あと気づいたのが、松子を殴る時にその効果音を自分の拳をステージの床を殴る事で音を出してるんですが、前回は1回だけでしたが、今回は4回くらい拳をぶつけてました。
さすが、空手の黒帯だけありますよね。
目の前でしたが、殴り方がはんぱなかったもん。

そう、またDV野郎なの・・・
あと、トコ嬢の役ね。

後者の時は前がはだけて、大きな膝がハロー!してました。
女性役も担当する人は皆さんきちんと脱毛していてビックリです。

感動的だったのは、木村了くんが東京で偶然に松子と再会するシーン。
彼は神父から即座にヤクザに切り替わらなくてはならないんですが、その切り替わりの時にヤクザの役に入る時の表情とかがスゴイの。

なんかイタコみたいだった。

終演時には、カーテンないけど、カーテンコールがあって、
2回出てくるんですが、彼のお辞儀が一番長くて一番頭が下がっているんですよね。
もう頭が膝に着く位深いんですよ。
でもね、今回の席が真横だったから、前回より更に気づいたんですが、

目がね、

異様に冷たいの。

ものっすごーーーーーーく
冷たい目をしてるの。

あれは、なーに??

うららさんも同じ事言ってたけど、
彼女は「役に入ってるからじゃない?」って言ってましたが?????

あんな冷たい目を見たのは、「マイ・プライベート・アイダホ」のキアヌ以来だな。

なんか、不思議な感じがしました。

青山円形劇場看板すらなくてね。
記念に写すものもなくてね。



シャ○じゃなくて、お塩ざます。これが個分けったシブに見立てた袋(お塩入り)。
あーすりすり。

拾うまで中身が何かは当然分かりませんが、手にしてひと目で分かりました。

では、また直ぐ来ます。

さようら。

J

JUGEMテーマ:木村了