村上信五くんが実写版ハクション大魔王に大抜擢、主題歌も

12

1969-70年に放送された人気アニメ「ハクション大魔王」が初めてフジテレビ系で実写ドラマ化され、村上信五くんが主演することが明らかになりました。
くしゃみの音でつぼから飛び出す主人公・ハクション大魔王に、村上くんが特殊メークで変身。撮影は今春に行われ、放送は今秋(約2時間)予定。

「呼ばれて飛び出てジャジャジャジャーン」などの名ぜりふも登場し、つぼから飛び出す場面はCGによるもの。制作側は「大魔王の格好をして独特なしゃべり方が非常にしっくりきた。誰もが大好きな大魔王になる」と村上版ハクション大魔王を絶賛。一方、あくびの音でつぼから飛び出すアクビちゃん役には渡邉このみさん、つぼを屋根裏部屋から見つける小学生のカンちゃん役は馬渕誉くん。カンちゃんのパパは温水洋一さん)、ママは白石美帆さん。その他、アニメの登場人物も多数登場す。主題歌「ハクション大魔王の歌」 もヒナちゃんが歌う事に(販売は未定)。
サンスポ
TOWER