月9『ようこそ、わが家へ』原作との違い比較すると楽しさup

151

〈今クールでいちばん面白い〉〈早く次回を見たい〉〈月9っぽくなくて新鮮〉 インターネット上をはじめ、各方面からそんな絶賛の声が上がっているのが『ようこそ、わが家へ』(フジテレビ系)。第3話以降、物語はさらなる急展開を迎えそうだが、原作と読み比べるとおもしろさ倍増!

原作は2011年に『下町ロケット』で直木賞を受賞し、『半沢直樹』や『ルーズヴェルト・ゲーム』などの社会派作品を多数もつ池井戸潤氏の同名小説で、現在、文庫は68万部を超えるベストセラーだ。

原作では、電子部品会社に出向中の銀行員・倉田太一が、ある日駅で割り込みをした男性を注意したところ、その日を境に自宅前の花壇を荒らされたり車にキズを付けるといった嫌がらせを受けるようになる。一方、会社では大がかりな不正取引が発覚し、公私ともに騒動に巻き込まれていくストーリーだ。ここでは、ドラマの最新の現場秘話も紹介しよう。 ドラマの主演が相葉雅紀(32才)と発表されたとき、頭に“?”マークを浮かべた原作ファンも多かった。

情報源: 月9『ようこそ、わが家へ』原作との違い比較すると楽しさup│NEWSポストセブン