新曲発売の嵐・相葉雅紀くん Jr.の後輩のコミュ力の高さに感心

83

嵐の48枚目のシングル『復活LOVE』。CMですでに耳にした人も多いのでは。作詞を竹内まりや、作曲・編曲を山下達郎が担当したことでも話題となっている。  そんなノリにノッている嵐の相葉雅紀(33才)に話を聞いた。相葉は昨年のコンサート『ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism』のソロ曲で“ティシュー”という、気球につられた布に体だけで巻きついていく命がけの大技に挑戦していた。大技に挑戦するために鍛え上げた体は今も健在だという。 「怖かったよ~。怖かったけど絶対下に落ちないって巻き方だったから100%落ちないって確証があった。自分で巻きつけていくから、“間違えてない”って自信があったし、信用もできた。腕の筋肉もそのためにつけたし。今もムキムキ!」  と、袖をまくって腕の筋肉を見せてくれた。最近はコンサートのバックについたジャニーズたちとご飯を食べに行く機会もあるのだとか。 「年末にツアーについてくれたと嵐でご飯を食べに行ったんです。そのときにおれのテーブルにいた子に“アドレス教えてくださいよ”って言われて。そこでグループメールができたんだけど、知らないうちに『相葉会』ってグループ名ができてた(笑い)。 “新年会しましょうね”って言われて、行ってきました。韓国料理屋さんに。でも、そう慕ってもらえるのって嬉しいですよね。って一生懸命やってくれてるから、応援したくなるよ。今回のツアーについてくれたTravis Japanや、ずっとついてくれてるThey武道、MADEはかわいいよね。  おれ、先輩に“ご飯に行きましょうよ”とかって言えなかったから。ある程度大人になってから、松兄(TOKIO・松岡昌宏)や剛くん(V6・森田剛)とやっと連絡先交換できたんだ。今の子たちはコミュニケーション能力が高いなって感心する。でもいいことだと思うんだよね」  4月末からは9年ぶりとなるアリーナツアーも始まる。『ARASHI“Japonism Show”in ARENA』と題してJaponismの流れは残し、コンサートよりもショーに近いものになるそうだ。

全文は以下にて

情報源: 新曲発売の嵐・相葉雅紀 Jr.の後輩のコミュ力の高さに感心│NEWSポストセブン