故中村小山三さんと松本潤くんの年の差63才の意外な交流秘話

33

90年間にわたって、女形一筋で中村屋三代に尽くしてきた最高齢の歌舞伎役者・中村小山三さん(享年94)が、4月6日、虚血性心不全のため亡くなった。十七代目・中村勘三郎は生前、「オレが死んだら小山三を一緒に棺桶に入れてくれ」と話したほど、中村屋から絶大な信頼を置かれていた小山三さん。

その日、中村勘九郎(33才)・七之助(31才)兄弟は、『平成中村座』の公演中に小山三さんが倒れたことを知り、終演後に病院に駆けつけたが、最後の言葉を交わすことはかなわなかったという。

「晩年は出てきただけで私たちより拍手がありました」

七之助がこう語ったように、小山三さんは多くの人から愛されていた。

葬儀には、歌舞伎界からだけではなく、笑福亭鶴瓶(63才)、宮藤官九郎(44才)、笹野高史(66才)、ラサール石井(59才)なども駆けつけ、最後の別れを惜しんだ。 また葬儀には仕事の都合で姿を見せなかったものの、小山三さんの訃報に触れ、深い悲しみに暮れているのが松潤だった。

「松本さんは、七之助さんと高校時代からの親友で、当時から中村屋に出入りしていたため、自然と中村屋の関係者のかたがたとも親交が深まっていったようです。

松本さんは七之助さんの家に泊まることも多くて、中村屋の稽古場の隅っこでダンスの練習をしたりすることもあって、小山三さんとも仲よくなったみたいですよ。よくふたりでバカ話をしていましたから」(中村屋関係者)

年の差63才の意外な交流――小山三さんは松潤の役者としての才能も買っていたという。

引用元: 故中村小山三さんと嵐・松本潤の年の差63才の意外な交流秘話│NEWSポストセブン.