嵐5大ドームツアーファイナル 16年目への第一歩

44

引用元: 中日スポーツ:嵐5大ドームツアーファイナル 16年目への第一歩:芸能・社会(CHUNICHI Web).

 

デビュー15周年を迎え、1年間突っ走ってきた人気グループ嵐の5大ドームツアーが23日、東京都文京区の東京ドームでファイナルを迎えた。アルバム「THE DIGITALIAN」を引っ提げた今回のテーマは「デジタルと人間の融合」。デジタル技術を駆使した楽しい仕掛けを松本潤(31)中心にメンバーらが考え出した。

まずはオープニング。ドクン、ドクンという心臓の音とともに現れた5人の胸に心拍計がつけられ、心拍数がスクリーンに表示された。100、120、150…ダンスの激しさにともない上昇していく心拍数。無機質なデジタルデータなのに熱を感じさせる演出にファンのボルテージも上昇。松本は「55000人、幸せにしてやるよ!」と、ファンをあおった。

無線で制御できる、うちわ型LEDライト「ARASHIファンライト」も初登場。中央制御で観客が持つライトが一斉に点滅したり、色が切り替わり、幻想的な光景をつくり出した。

腕に付けたセンサーが筋肉の動きをデジタル信号に変え、音が鳴り、映像、レーザー光線、さらにはファンが持つライトへと連動していく演出もあり、会場が一つになった。

開演前、櫻井翔(32)は「15周年だからこそ、今までみたことがあるものを排除して、新しいものや進化を見せたい」と語っていたが、その言葉通り、遊び心と挑戦を盛り込んで「15周年の締めくくり」ではなく「16年目の第一歩」を示すステージとなった。

アンコール、二宮和也(31)は万感の思いを込めて語った。「立ち止まったり、振り返ったりすることを否定はしないけど、やっぱり自分たちは前に進みたい。進んだ先にあるものを、みなさんと見たい」。櫻井は「この5人じゃないと嵐じゃないけど、5人だけじゃ嵐じゃない。17年、18年、20年…これからも僕たちと一緒に嵐をつくっていけたらなと思います」と呼び掛けた。

 

嵐、5万5000人とLEDイルミネーション!5大ドームツアー締めくくった : 芸能 : スポーツ報知.

嵐ドームツアー有終!相葉雅紀、サプライズ祝福に「ありがとう」 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ).

嵐、デジタルな演出満載のツアー千秋楽 – 音楽ニュース : nikkansports.com.

志村けん、嵐のライブに圧倒された – 芸能ニュース : nikkansports.com.

嵐 15周年ラスト公演ド派手締め、松潤アイデアLED演出彩る ― スポニチ Sponichi Annex 芸能.

嵐 今年の1文字は?に相葉「一緒」!?…言い直し「一」に爆笑 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能.

嵐5大ドームツアーファイナルで初演出/芸能/デイリースポーツ online.