岡田准一くん Hey!Say!JUMPとの決起集会で「マジではしゃいでた」様子を後輩が暴露!

81

本日午後6時30分から放送される『24時間テレビ38 愛は地球を救う つなぐ~時を超えて笑顔を~』(日本テレビ系)で、初の2世代メインパーソナリティーを務めるV6とHey!Say!JUMP。V6の最年長・坂本昌行は44歳、Hey!Say!JUMPの最年長・薮宏太は25歳と年齢差の大きい2組だが、本番へ向けて“決起集会”を行うなど、グループ間の距離も縮まっているようだ。

7月25日付の日刊スポーツ「サタデージャニーズ」に登場した坂本は、Hey!Say!JUMPとV6の関係性について「少し前に15人全員で食事したんですよ」と報告。「行く前に(森田)剛と岡田(准一)は『もういいかな。オレ帰ろうかな』ってちょっと後ろ向きだったんですよ。いざ始まったら、2人が超キャッキャしてるんですよ」と、V6メンバーの反応を明かしていた。

また、同じく25日に宮城で行われた『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival』のMCでは、伊野尾慧が食事会で岡田に「胸を揉みしだかれた」と、告白。岡田の力が強すぎたため、薮いわく「おっぱいが取れそうになってた」という。

さらに、有岡大貴と高木雄也が出演するラジオ番組『JUMP da ベイベー!』(bayfm、8月7日放送)でも、リスナーからのお便りを受けて、この食事会の様子が詳細に語られた。当日は「決起集会」のような形で、互いのマネジャーも不在の中、V6とHey!Say!JUMPメンバーのみで食事をしたという。有岡いわく、席は後から来たV6メンバーがそれぞれ1人ずつ座っていくランダムスタイルだったそうで、後輩からすれば「誰が隣に来るんだろう」というドキドキ感があったとのこと。

高木の席の横には長野博が座り、前には三宅健が着席。グルメで有名な長野においしいお店を教えてもらうなど、会話が弾んだという。一方の有岡は、坂本と三宅の間に座っていたといい、有岡が火曜日レギュラーとして出演している『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)をよく見ているという坂本から「大丈夫か? 悩み事ないか」と優しい言葉をかけられたものの、「すみません、ないです!」と、答えてしまったそう。また、ほかのメンバーの様子について高木は、「岡田君とか、マジではしゃいでたもんな~。(中島)裕翔とね、キャッキャ。芝居についてとか。いろいろアドバイスもらってたよ。(中島主演ドラマ)『水球ヤンキース』(フジテレビ系)とかも見てたらしくて。で、それの感想とかも裕翔に言ったりしてた。『え、見てんだ!』と思って。いやー、でも本当楽しかったな~」と、俳優業が盛んな岡田×中島コンビの微笑ましいやり取りをリポート。そして宴の最後には先輩から有岡への“ムチャぶり”があったという。有岡はその状況を振り返り、「みんなで楽しくしゃべってたんだけど、坂本君と井ノ原(快彦)君だったかな?『有岡、じゃあちょっと(会を)締めてくれよ』みたいになって。もうね、締めの言葉なんて言ったこともないし、何となくしかわからないから。とりあえず席立って“らしい”ことは言ったんだよね。『宴もたけなわではございますが……』みたいな」と、説明。しかし、締め方を知らない有岡が「じゃあ、みなさんお手を拝借してよろしいですか」と促したところで、三宅らから「めんどくせー!」「オイ、先輩にそんなことさせんのかよー!」とのクレームが入ってしまったという。有岡は「どうしよう……」と困惑してしまったが、機転を利かせて「じゃあ、僕が叩くの聞いてください!」「僕の三本締め聞いてください」と宣言して三本締めを聞いてもらい、無事に会が終了したんだとか。

全文は以下にて。

情報源: V6・岡田、Hey!Say!JUMPとの決起集会で「マジではしゃいでた」様子を後輩が暴露!|サイゾーウーマン