岡田准一くん、『関ヶ原』石田三成役で主演 18年ぶり“司馬遼太郎作品”実写映画化 

70

V6の岡田准一と女優の有村架純、俳優の役所広司が、作家・司馬遼太郎氏の名作を実写映画化する『関ヶ原』(2017年初秋公開)に出演することが9日、わかった。司馬作品の実写映画化は1999年公開『梟の城』以来、実に18年ぶり。石田三成役を演じる岡田は「日本で一番の大合戦『関ヶ原』が映画化されることを僕自身、今から楽しみにしています。歴史好きとして、本来の人物像に近いであろう『石田三成』を演じることができ嬉しく思います」とコメント。有村は三成を愛し支え続けた伊賀の忍び・初芽役、役所は徳川家康役を演じ、監督・脚本は原田眞人氏が手がける。

原作は、歴史小説の大家・司馬氏が戦国史上最大の合戦・関ヶ原の戦いを真っ向から描いた名作として知られ、累計発行部数580万部を超えるベストセラー。司馬氏の『国取り物語』『新史太閤記』と並ぶ“戦国三部作”であり、『覇王の家』『城塞』と並ぶ“家康三部作”のひとつになる。これまでに1981年にTBSでドラマ化されているが、2016年に司馬氏の没後20年を迎えるなか、同作初の実写映画化が決定した。

そんな同作の主演は岡田。2014年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』、映画『蜩ノ記』以来となる本格時代劇への出演となり、原田監督作品には初参加で、己の「正義」を強く信じ、愛を貫き通そうとした“純粋すぎる武将”石田三成を演じる。  豊臣秀吉亡きあとの天下取りに野望を抱き、三成と相対する徳川家康役の役所は、「信長、秀吉など、数々の戦国武将の成功と失敗を間近に見て学んできた家康が、人生最大の大博打『関ケ原の戦い』に挑み、勝利するまでの心の動き、今からワクワクしています」。家康役は初となる役所が、策略を巡らし三成を追い詰めていく、権力欲に燃える東軍大将を演じる。

全文は以下にて

情報源: 岡田准一、『関ヶ原』石田三成役で主演 18年ぶり“司馬遼太郎作品”実写映画化 | ORICON STYLE