小栗くんだらけの1週間

22

いや~、ようやっと『花ざかりの君たちへ』追いつきました!
毎日寝苦しくて、なかなか寝れないし…と見始めたらアッという間に
追いついちゃって、もはや火曜日が待ち遠しいです!!
ドラマの感想の前に、舞台の感想。
「お気に召すまま」は今日から仙台公演が始まってますが、
私は先週の静岡公演に行って参りました!(感想、遅っ)
とにかく、広い会場でねぇ…。ビックリしましたよびっくり
2階席の後ろまで声が聞こえるんだろうか??と心配になっちゃうくらい。
私は1階の20列目くらいだったんですが、実際聞こえづらいセリフなんかも
あったしなぁ。。
まぁ、それは会場のせいだけではなく発声の問題もあるんだろうけど。
そしてもう一つビックリしたのは、マナーが悪すぎる怒りマーク怒りマーク
相変わらず、客席内の通路を通って全員入場するわけですが(私はどうしても
これを「プロレス入場」と言ってしまう…)登場シーンは『キャ~~~ッ!!』と
大騒ぎ。ま、でもこれは私も「しょうがないかなぁ…」と思って。
某掲示板とかでは「コンサートじゃないんだから!」って批判を浴びたり
してるけど、演技が始まってるわけじゃないし、やっぱり近くを通ったら声を
あげたくなっちゃうもんだよなぁ…って。
始まれば騒がないだろうと思ってたんです。。
が…!!
公演が始まり、マイクも付けずに役者が演技をしているというのに、
ヒールの音を響かせて入場する奴はいるしNO!
ビニールの音をガサガサ響かせる奴はいるし汗
携帯のバイブをブーブーさせてる奴はいるしパクッ
トイレに行くのに、サンダルの音を響かせる奴はいるし怒りマーク
なんか、他にもいろいろあったんだけど、これ以上思い出すと気分が悪いので
やめときますプシュー
しかし、どういう神経してんだろ~か!?
公演中も役者は客席の入場ドアを頻繁に利用するんですが、そこで待ってる子
とかもいるんだって。。
役者はそんなの絶対喜ばないのにね…くもり
あぁ、すごく良い舞台なのに、あまりにも客席に気になることが多くて
嫌な感想になってしまいました。ごめんなさい…汗
今回も通路に非常に近い席だったので、役者さんの表情が良く見えましたが
暗転してドアから出るその瞬間まで「役」の顔なんですよ。。
もう、そこが素晴らしくて…。
今回、小栗くんの舞台は初という友人と一緒に行ったんですが、
その友人も同じような感想を言ってましたYES!
11月にまた蜷川さん演出で「カリギュラ」という舞台を控えている小栗くん。
これまたチケット争奪戦なんだろうなぁ~。
取れる気がしねぇ
さてさて、ドラマ!
無愛想な顔ばっかりしてた佐野が、いろんな顔するようになってきて
面白くなってきましたねぇ!
始まったばっかりの頃は「高校生役はもういいよ!」なんて思ったけどイヒヒ
なかなかDoして!
ありえない設定やコミック原作ならではの怒涛の展開も、今では全く
気にならなくなっちゃったし、テンポがいいので全く飽きません!
今回で新発見なのは、生田斗真くんの芸達者ぶり!
あれだけ端整な顔立ちで正統派美少年って感じなのに、コミカルなシーンも
全く嫌味がないし、シリアスなシーンは言うまでもナシ楽しいって感じ。
舞台とかもやってるんだよね?きっと。
(すみません…相変わらずJさんちには疎いもんで汗
生田くんは小栗くんとも仲良しさんのようですね。
最近、小栗くんもブログを始めたんですよ!(かなりビックリした)
地方公演中の日記には、生田くんのことが「東京の嫁」とか「トマリー」とか
そんな呼び方で頻繁に登場してますよ~。
毎日会ってるから会えないと寂しい、とかたらーっ
いかにも仲良さそうでほほえましいっす!
で、そんな中飛び込んできた「花男」映画化のニュース。
う~ん、またあの憂いのある類役に戻るのか…。
役者さんって大変だねぇモゴモゴ
久々に来たら、長文になってしまった汗
また来ま~す。
アイドルハーレムのトップページへ>>>