宮城は嵐一色 復興4日間公演は93億円経済効果

22

嵐が19日、宮城4日間公演を宮城・利府町のひとめぼれスタジアム宮城でスタートさせた。宮城県から招致を受け、被災地復興の一環として開催。計20万8000人を動員し、同県では経済効果93億円を見込んでいる。公演に合わせ、東北新幹線や在来線も増便。県全体を巻き込んだ一大イベントに発展した。

前日までの雨模様から一転し、さわやかな青空が広がった。明るい日差しの中、嵐メンバーが中央ステージの高さ25メートル地点に登場。相葉雅紀(32)が「お待たせしました!」。松本潤(32)が「宮城祭りだ!」と叫ぶと、5万2000人から大歓声が上がった。

同県内での公演開催は07年以来8年ぶり。大野智(34)は「震災があり、状況が変わってのライブ。心構えも変わってくる」としみじみと言った。「宮城ならではのライブに」との松本の言葉通り、地元ファンを喜ばせた。宮城のお祭り「すずめ踊り」を取り入れて観客と踊ったり「感謝カンゲキ雨嵐」を地元高校生の合唱に合わせて歌った。

主催者側と宮城県は万全の態勢を敷いた。同県の要請で4日間公演中、東北本線の利府~仙台間の上下線で1日計26本の臨時列車を運行。終演後、東北新幹線の仙台~東京間で臨時列車1本を運行する。地元タクシー協会に対しては営業区域の一時的緩和を要請した。主催者側は観客にマイカー乗り入れを規制する一方、グッズ販売日を含む6日間、会場と4カ所を結ぶ区間で延べ2500台のシャトルバスを運行予定。この日の開演に大きな遅れはなく、終演後のシャトルバス運行もスムーズだった。

嵐は華やかなステージ作りに集中した。高さ15メートル地点まで上がる5人乗りのフライング装置で会場上空を歌いながら移動。松本はソロ歌唱で高さ20メートル地点でフライングしながら会場上空を縦横無尽に飛び回り、何度も客席に近づいた。

最後に、思い思いに語り掛けた。櫻井翔(33)は「もうあんな悲しい思いをしたくない。僕らやファンの皆さんと、笑顔で歩いていきましょう」。二宮和也(32)は「みんなで楽しい公演を作って一緒に元気になれれば、と思った。また会いたくなったら、県知事さんに言うんだな。みんなの一声でオレらの夢がかなったんだから。周りの人に感謝して、また一緒にいい思い出が作れたら」。賛同する拍手の嵐が響き渡った。

全文は以下にて。

情報源: 宮城は嵐一色 復興4日間公演は93億円経済効果 – ジャニーズ : 日刊スポーツ