大野智くんの作品集クレジットに「彼女の名前」挿入か?友人ブログからも私生活“ダダ漏れ”の記事

253

9月18日発売の「フライデー」(講談社)で10歳年下の元女優との親密交際を報じられた嵐・大野智。報道後は大野が個展用に描いた「犬の絵」のモデルが彼女・夏目鈴の飼い犬だったのではないかという説や、プライベート写真の流出が問題になっていたが、今度は大野が自身の作品集に彼女の名前を“忍ばせていた”という疑惑が浮上。公私混同とも言うべき大野の行為が波紋を呼んでいる。

宮城県で開催されたコンサート『ARASHI BLAST in Miyagi』を前に降って湧いた大野の熱愛報道。「フライデー」で“Aさん”とされていた元女優の素性はすぐさま「夏目鈴」とネット上で特定され、夏目のインスタグラムから大野と同棲生活を送っているとみられる自宅写真などが次々に発掘された。大野本人はコンサート前に一部マスコミの取材に応じ、彼女との交際や同棲の事実は否定した上で「友人の1人」「もう会うことも一切ありません」とコメントしたが、ネットユーザーからは「友人なのに『もう会わない』ってなんだよ」「友達なら遊んだりすればいいのに」との厳しいツッコミを受けていた。

「ネット上では報道から2週間が経過してもなお、彼女のインスタグラムのキャプチャ画像や2人が釣りの際に利用していた船の船長のブログに関心が集まっています。そんな中、大野の作品集『FREESTYLE II』(M.Co.)のクレジット欄に『Fujimi Manaoka』という表記があり、これが夏目鈴の本名“藤岡まなみ”のアナグラムではないかと、騒ぎに。タレントが作品クレジットに彼女の名前をこっそり入れ込んでいたというのは珍しいケースで、ファンの間に衝撃が走っています」(ジャニーズに詳しい記者)

ファンからは「せめてもっと捻ろう」「そこまでして名前を入れる必要があったのか」「公私混同しすぎ……自分の立場も考えなきゃ」「これはアウト」と、大野に対して辛辣なコメントが続出する一方で「事務所公認?」「事務所は止めなかったのか」などと、名前を載せたジャニーズ事務所側への批判も出ている。また、2008年放送の大野主演ドラマ『魔王』(TBS系)でも物語の中でアナグラムを使った場面があるため「魔王からヒントでも得たのか」という指摘も上がっている。

情報源: 嵐・大野、作品集クレジットに「彼女の名前」挿入! 友人ブログからも私生活“ダダ漏れ”|サイゾーウーマン