大河「花燃ゆ」平均視聴率 「平清盛」に並び最低

45

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」が13日に最終回が放送され、初回から最終回までの平均視聴率が関東地区で12・0%(関西13・0%)だったことが14日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最低だった、12年放送「平清盛」と並ぶ数字となった。

最終回の平均視聴率は関東地区で12・4%(関西12・8%)。一般的に視聴者には難解とされる幕末を描き、NHKの籾井勝人会長が9月の定例会長会見で「やっと主演が誰かはっきりしてきましたね」と感想を述べたように、主役が誰かはっきりしない描き方も数字に影響したようだ。

全文は以下にて。

情報源: 大河「花燃ゆ」平均12%で「平清盛」に並び最低 – 芸能 : 日刊スポーツ