塚本高史主演「富嶽百景」レビュー※ネタバレ※

22

えーっと、映画の公開日に「試写」を見ました!(なんかヘンニョロ
この映画は上映館映画が限られているらしいので、なかなか見たくても見れないみたいですね。
でね、1時間で終わっちゃうの冷や汗
あっと言う間に・・・GO!
まぁ、太宰治の原作短編小説読書も15分で読みきれる尺なので、映像にしてみればこんな感じなのかもねバッド(でも映画の料金ってどうなってるんだろ?
原作を現代バージョンにして映像化しているんですが、ストーリーはほぼ原作通り。お見合いして結婚しようと思うまでのいきさつは、逆に映画の方が丁寧に描かれています。
うーん、高史ファンとしては必見かな見る
先日の「タイヨウのうた」のようなシンパシーはないものの、物書き鉛筆って役柄自体が新鮮だし、レトロなセリフ回しとか、たかだか1時間だと言っても出ずっぱりなのでチョキ、話題の作品に脇で出られるよりはいいかも。DVDCDになったら買う価値はあるかな。
でも、Gyaoでメイキングとかしこたま見れます(笑)。
1時間の作品なのにメイキングのが長ぇ~っっびっくり、てぐらい。
富士山日の出が本当に美しいんですよね。
都会のビルビルの上から見える富士山とはやっぱり違うし、物語の舞台になった「天下茶屋おにぎり」に行ってみたくなりました。そこはかとない奥ゆかしい邦画らしい出来なんですけど、現代バージョンになっているせいで、古いんだか新しいんだか不思議な空気感があるんですよね。
特に高史ファンでない人にはお薦めしませんがイヒヒ・・・(苦笑)。