堂本光一くん舞台事故、緊迫した声が響き渡り客席は凍りつく

164

KinKi Kids・堂本光一が15年間も座長を務める『Endless SHOCK』。今年も2月3日に初日を迎えていたが、今月19日、初演から続く東京・皇居前にある帝国劇場で事故が起きた。

「チケットは毎年即日完売で、ジャニーズの公演の中でもいちばんチケットが入手困難と言われている舞台です。セットの可動が派手でスピード感あふれる演出も見どころ。’08 年には『菊田一夫演劇賞』で大賞を受賞しています」(テレビ誌ライター)

重さ約800㎏あるLEDのパネルが舞台上で倒れ、出演者の2人が骨折し4人が軽傷を負った。

「昼と夜の2部を予定していましたが、夜の部は公演中止とさせていただきました」

関係者が中止を伝える劇場前に本誌も駆けつけると、観客でごった返していた。

「昼の部の終盤で、上手にある舞台装置のパネルがグニャッて上から巻き込むように曲がりはじめたんです。演出かなと思ったんですが、下敷きになったダンサーが肩を抱えて這い出た瞬間に、幕が下りたんです。でも音声が切れていなくて“まだ下敷きになっている人はいないか!”って緊迫した声が響き渡り、客席は凍りついていました」(事故を目撃した女性)

途方に暮れる夜の部の客は、

「今日、私の誕生日なんです。グッズを買おうと早めに来たら中止だってアナウンスがあって、涙が止まりません。それに、光一クンはこの舞台に命を懸けているので、こんな事故があれば舞台ごとなくなる可能性もありそう。やっととれたチケットだったのに」

引用元: 堂本光一の舞台事故、緊迫した声が響き渡り客席は凍りつく | 週刊女性PRIME [シュージョプライム].