堂本光一くん『SHOCK』1214回 博多座千秋楽で単独主演記録達成

46

中日スポーツ:光一『SHOCK』1214回 博多座千秋楽で単独主演記録達成:芸能・社会CHUNICHI Web.

KinKi Kids堂本光一(35)の主演ミュージカル「Endless SHOCK」(作・構成・演出ジャニー喜多川)が31日、福岡市の博多座で千秋楽を迎えた。

2、3月の東京・帝国劇場を皮切りに、9月は大阪・梅田芸術劇場、10月は福岡と3都市を回った2014年シーズンもついに閉幕。10月26日には松本幸四郎の「ラ・マンチャの男」(1207回)を超えて、日本のミュージカル同一演目単独主演記録を樹立した。

1214回目を達成したこの日の千秋楽は特別カーテンコールが追加され、光一は「本当に最強のカンパニーです! お客さまも最強のファンなんじゃないかな」とスタッフ、共演者、連日席を埋めてくれた観客に感謝を伝えた。初出演の森公美子(55)と入来茉里(24)は涙、涙。ライバル役の内博貴(28)は「寂しい。また『SHOCK』に帰ってきたい」と心情を語った。

福岡では前日の30日、ソフトバンクが日本シリーズを制し、秋山幸二監督が宙を舞ったが、光一も共演者に胴上げされ、16回、宙を舞った。

「SHOCK」は2000年に「MILLENNIUM SHOCK」として初演され、2013年3月21日に、わずか12年5カ月で1000回超えを達成。ミュージカル、ストレートプレー問わず単独主演で1000回を超えた舞台は森光子さんの「放浪記」(2017回)、光一の「SHOCK」、松本幸四郎の「ラ・マンチャの男」、山本安英さんの「夕鶴」(1037回)しかない。

偉大な記録を塗り替えたが、光一は「回数は意識していない。一つ一つの公演が勝負だと思ってやってきた」と浮かれず、逆に「『SHOCK』としても、自分としても、この回数に恥じないように磨いていかなければ」と自らを戒めた。

中日スポーツより

堂本光一、ミュージカル上演回数で日本一!“秋山超え”胴上げも (1/2ページ) – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ).
堂本光一ミュージカル単独主演1位 – 芸能ニュース : nikkansports.com.
堂本光一 SHOCK1214回!ミュージカル単独主演1位に ― スポニチ Sponichi Annex 芸能.
堂本光一“日本一の舞”胴上げ16回/芸能/デイリースポーツ online.
堂本光一日本一!主演ミュージカル1214回公演達成 : 芸能 : スポーツ報知.
堂本光一さん主演ミュージカル、上演数日本一に : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE).