堂本光一くん「SHOCK」1400回も上演できる理由 

171

堂本光一(37)主演のミュージカル「Endless SHOCK」が3月14日、上演回数1400回を突破した。00年に帝劇で初演され、毎年公演を重ね、わずか17年の超最速で1400回を達成した。単独主演舞台では上演回数2017回と日本一の故森光子さんの舞台「放浪記」が1400回を突破したのは、61年の初演から38年後、79歳の時だった。  人気の理由は、年々、進化・成長を続けていることに尽きる。上演を重ねるごとに、新しい、チャレンジングなショー場面が必ず追加され、定番となる場面にしてもレベルが確実に上がっている。だから、初演から毎年、欠かさず見ているが、飽きることはない。かえって、見終わった後の満足度は、年々増しているほどだ。07年に菊田一夫演劇賞の大賞を受賞している。  そんな「SHOCK」も終了寸前の出来事があった。05年秋、06年の同公演で終了し、07年から光一が演出・構成・主演する新作を上演すると発表した。しかし、毎回、即日完売して、見られないファンが多い上に、終了発表後の公演チケット発売では定員14万人に208万件の応募が殺到。「まだ見ていないのに終了は悲しい」という声が相次ぎ、新作上演を断念。07年からも公演を続けた経緯がある。

全文は以下にて

情報源: 堂本光一「SHOCK」1400回も上演できる理由 – 舞台雑話 – 芸能コラム : 日刊スポーツ