国分太一くん 結婚したことで仕事の雲行きが怪しくなってきた訳 の記事

108

9月11日、TOKIOの国分太一が7年間の交際期間を経て、元TBS社員だったAさんと入籍したことを発表した。

交際から7年、しっかりと“男の責任”を果たした国分。公私ともに順調そうだが、どうも雲行きは怪しいらしい。

「数年前から、ジャニーズは事務所を挙げて番組MCという仕事を狙いにいっている。つまり、アイドルとしての賞味期限が切れる前に、歌や踊り以外のフィールドで活躍させようとしているんです。その先陣を切って、大成功しているのが中居正広ですよ。それに続くはずの国分は事務所の期待を一身に受け、’12 年ロンドンと’14年ソチという夏冬フジテレビ系オリンピック番組のメーンキャスターを担当。ですが、どの競技も決まりきった質問しかせず、評判はよくなかった。そして、昨年いっぱいで『すぽると!』(フジテレビ系)の司会も降ろされてしまったんです。しかも、現在放送中の『ビビット』は不調で、事務所内の評価は下がり続けている。振り返れば、関ジャニ∞の村上信五やNEWSの小山慶一郎、KAT-TUNの亀梨和也が、バラエティーやニュース番組などの司会で評価を上げている。国分は’15年度上半期のテレビ出演本数が1位に輝きましたが、彼が焦っているのは目に見えてわかりますよ」(芸能プロ関係者)

そんな彼をさらに刺激しているのが、『ビビット』の裏番組『あさイチ』(NHK)で司会をしている井ノ原快彦の存在だ。有働アナとの絶妙なやりとりで、主婦層の人気をがっちりキャッチしている。

全文は以下にて。

情報源: 国分太一 結婚したことで仕事の雲行きが怪しくなってきた訳|週刊女性PRIME [シュージョプライム] | YOUのココロ刺激する