再び実力を増すI女史 ジャニーズからの独立は近い?の記事

136

「いつなのか?」から「あるのかどうか?」まで、いろいろと業界内で噂されているのが、「SMAP」の育ての親ともいわれるI女史のジャニーズ事務所からの独立だ。 このI女史独立問題が表面化したのは、今年1月の週刊文春でのメリー喜多川副社長のインタビューがきっかけだった。独立問題は、そのメリー氏の愛娘・ジュリー副社長と、ジャニー喜多川社長が実力を買っているといわれるI女史の間での、後継者争いに端を発したとされる。

このインタビューが掲載された当初は「これでI女史の立場はなくなった」ともいわれたが、そうではなかった。「Kis—My—Ft2」の玉森裕太(25)を、10月15日スタートの連続ドラマ「青春探偵ハルヤ〜大人の悪を許さない!〜」(日本テレビ系)で主演にねじ込んだが、「このドラマを決めるにあたって、I女史はある大手芸能プロの幹部と手を組んでブッキングしたといわれている。この幹部とは新たなパートナーとしてコンビを組んでいるともいわれています」とは芸能プロ関係者。新たなバックボーンを味方に、着々とその実力を増しているのだ。

当然、この動きはジャニーズ内の雲行きを変えている。「特にこれからデビューを控えるとか、デビューをしていこうとしている若手の中で、ですね。彼らだって、ジュリーさんの管轄の嵐が出演する番組に、SMAPは出演しないという分かりやすい図式があるんですし、ネットを見れば争っているんだなってことぐらいは分かりますよ。その若手の中では『もし独立したら、どっちに付いていく』なんて会話がやっぱり行われているんですが、『オレだったらI女史』という子が少なからずいるんです」(前出の関係者)

I女史が独立すれば、次世代のジャニーズを支えるのは、メリー副社長が明言したようにジュリー副社長だ。そうなれば「ジャニーズ=ジュリー氏」という図式になる。しかし…。「ジュリーさんがいま猛プッシュするのは1番手は『嵐』かもしれないが、次は『Hey! Say! JUMP』。ここに至る経緯はいろいろあるんですが、それはさておき、ジュリーさんはお気に入りを猛プッシュする傾向が強いと見られている。対してI女史はSMAPはもちろんのこと、キスマイも売ってしまい、担当になっている山下智久も何とかレギュラーをと売り込んでいる。担当しているタレントの数の差もありますが、若い子にとっては自分がデビューするとき、お気に入りに入らないと売ってもらえないのではという不安は当然、芽生えちゃいますよね」(同)

仮にI女史が独立したからといって、ジャニーズジュニアのタレントたちが選択を迫られるワケでもなく、そもそも独立の時期も明確ではない。最近も「どうやら独立の話がまとまった」などと水面下で話題が持ち上がったが、結局、表立っての動きはなし。その話そのものがどこまで進んでいるのかすら定かでない。

全文は以下にて。

情報源: 再び実力を増すI女史 ジャニーズからの独立は近い?