内博貴 in Endless SHOCK

66

突然決まった「Endless SHOCK」の出演。
正直なところ戸惑いも多く、なんか内博貴が好奇の目に晒されるだけなのでは?と、ちょっと抵抗もありました。いえ、SHOCKに出演できる喜びは大きんです。でも、もう少し準備期間をあげたかった。中途半端にやれない伝統ある大舞台だし、KinKi Kidsファンの皆さんにとっては内という存在は余りにも馴染みがないでしょうから、相当厳しい目で見られると思ったので。やるならできるだけ稽古する時間を長くとってあげたかったんですけど、それじゃあジャニーさんには意味がないんでしょうね・・・(汗)。
内は強心臓で物怖じしない性格なので、アウェー感はあるもののカンパニーとは上手くやっていけるだろうと思っていました。人間関係には心配してなかったんですけど・・・、いかんせん技量が・・・(滝汗)。芝居はいいとしても、ダンスがね、やっぱり屋良くんと比較されてはたまったモンじゃないな~というのがありまして(苦笑)、でも出る以上は甘やかして欲しくない、という気持ちもあり、それよりも何よりも、ファンとしても緊張感があるワケですよ、Endless SHOCKという興行が!
だいたい、チケットはどうすんだ!ってのがね、最大の難関。キリエさんから譲って頂こうかと考えてたんですけど、彼女はキンキファンですから、折角とったチケットをもぎ取るのも忍びなく、今年はガイズもクリエも行ったんだから我慢しようと思ってたんです。ちょぴっと見るのも怖かったし・・・。そしたら、何とハーレムを見に来てくれている複数の方からお気づかいを頂きまして、特にハーレム創設時より長いことお世話になっているTさんに譲って頂けることになり、一旦あきらめたものの、いざ行けるとなると楽しみで仕方ありませんでした。譲って頂いたTさん!本当にありがとうございました!!会場でお会いできて光栄でした!そして、生意気にもお申し出をお断りした皆さん!本当にお心遣い深謝しております。
さて、私はたっちょんがオーナー役をやった時に1回ポッキリ見に行ったきりなもんで、だいぶ雰囲気が変わっていたのにビックリしちゃった。そんな世捨て人のような人間は帝劇の中でも、おそらく私だけよね。内本人よりも私の方がめっちゃアウェーじゃん!って感じ(笑)。しかも、たっちょんの時と違ってウチの出番がやたら多いので、ウチしか見てられなくて・・・、光一さんとかちゃんと見たかったのに、気づくと後ろで踊っているウチを見てしまったのが思わぬ誤算。せっかくSHOCKを見に来たというのに・・・何てもったいない!と思いながらも視線はウチ(笑)。もう、クセだから仕方ないっすね。
内容がいいとか悪いとか言ってられる次元の舞台ではないので、ホントただあの世界に没頭するだけ。つくづく思ったのが、ディズニーランドにいるマジックと言うか、つい呑まれてしまうんですよねぇ~目の前の”ショー”に。内はやっぱりダンスには課題があるとしても、あま甘なファン目線で言わせて頂きますとですね、あの男があそこまで周りと同調して動けるとは思わなんだ。群舞とかヤバイっしょーって思ってましたけど、ちゃんとやれてて感動。
ついでながらに弁護させて頂きますと、あの男のダンスっちゃー、常にあーいう動きでしてね。決して間違ちゃあいないんですがキレがやや弱いと見られるかも。ちょいと”タメ”も作れなかったりもして、どこかアンニュイなんですけど、決して手を抜いているわけでも、テキトーにやっているわけでもございませんので、ご了承頂けましたらこれ幸いかと。
まぁ、私は内博貴ファンなので、あの茶髪でウェービーなヘイヤースタイルを始め、染め抜いた眉毛も、そして殺陣のシーンのポニーテールも、何を来てもいちいち着こなすとこなんぞ、どう見ても他の誰よりいっとー美しいと思っている次第なので(ホント、すいません)。表情の作り方とか、肩からポーズ作るとこなんかは本当に舞台映えすると思うのですが、皆様の目にはどう映ったでしょうか?気になるところでござんすが、まぁウチのことなど見ている余裕はないかもしれませんね(その方が若干心が救われます)。
芝居そのものは(ヒイキめですが)とても良かったと思うんです。
ガイズ~の時は、ちょっと背伸びした感があったし、翻訳劇なのでキャラ的にも今ひとつ疑問が残るところはあったんですが、カッコイイから許す的な印象だったんです。でも、SHOCKの役柄の方がずっとリアルな内博貴に近いし、彼自身にも熱いところがあるのでマッチしてたな~って感じまして、私は”スカイ”よりはずっと”ウチ”の方が演じ切れてたと思いました。まだ2日目なのに完成度が高かったかな~って(アレ、違う?)。
最も心配していた殺陣ですが、刀の形状を変えてもらったおかげで、大ぶりのアクションでまとめられていてウチに合っていたと思います。屋良くんとの差別化も必要でしょうし、内の以外にデカイ体格を生かすのにも、そして何より素人がいきなり光一さんとガチで殺陣をやるのは、やっぱりキケンなので(光一さんを怪我させてしまうかもしれん)、歴代のライバルを見てきた皆さんには物足りないかもしれませんが、ベストなアクションだったと思います。
白いべべ来たラストシーンでもダラッダラ泣いてたし、魂込めて歌っていたので”ウチ”というキャラにブレはないなーって確信できました。
さぁ、内博貴よ!まだまだ諸手を挙げてホメちぎることはできないし、勉強不足は否めないけど、こんなに大きな舞台に出演させてもらえたことを絶対にムダにしちゃいかんぜよ!座長のようにもっともっと自分に貪欲になって、そのうちファンですらあっと言わせるような新しい内博貴を見せてね!翔べー!ヒロキ!!
JUGEMテーマ:内博貴
JUGEMテーマ:ジャニーズ