全曜日制覇の関ジャニ∞は要注意! 「裏かぶり」の恐ろしさとは?

172

関ジャニ∞がこの4月から、日~土の全曜日にメンバーの誰かがレギュラー番組を持つ「全曜日制覇」を達成する。なかでも村上信五は個人としても全曜日制覇を達成。これはジャニーズ事務所でもSMAP・中居正広とTOKIO・国分太一に次ぐ大記録となった。

そんな関ジャニ∞が、これから大いに気を付けなければならないのが「裏かぶり」である。裏かぶりとは、同じ時間帯に異なるテレビ局の番組に出演してしまうこと。最近、この裏かぶりで不評を買ったのが、お笑い芸人の山里亮太だった。

正確に言うと、山里は裏かぶりしたのではなく、準レギュラーだった「ナカイの窓」(日本テレビ系)を蹴って、新番組「前略、月の上から。」(フジテレビ系)のレギュラーに転出した形。裏かぶりを避けるために山里は新番組を選んだわけだが、それを「ナカイの窓」で中居からなじられ、強制的に番組を卒業することとなった。

ジャニーズ事務所では裏かぶりを徹底的に避けているが、所属する全タレント同士の裏かぶりも避けるとなると、神業的なスケジュール調整が必要となる。

その禁を破ったと言われているのが、昨年7月の一件。「VS嵐」(フジテレビ系)の2時間スペシャルが、Kis-My-Ft2・玉森裕太の主演ドラマ「信長のシェフ」(テレビ朝日系)と裏かぶりになってしまったのだ。

「このときは、嵐が藤島ジュリー景子氏の管轄で、キスマイがチーフマネージャー・I女史の管轄だったため、ジュリーVSI女史の後継者争いが白熱したと言われました。今年1月にはメリー喜多川副社長が、『次期社長は娘のジュリー』と週刊誌のインタビューで明言して話題になりましたが、その発言に至った理由の一つには、この裏かぶり事件も影響しているかもしれません」(芸能ライター)

ちなみに、裏かぶりが問題となるのはテレビ番組だけではない。出演番組とコンサートや舞台との裏かぶりも存在する。ファンの前でパフォーマンスしている最中に、ノンキにテレビに出ていてはいけないのである。某アイドルグループのマネージャーが語る。

引用元: 全曜日制覇の関ジャニ∞は要注意! 「裏かぶり」の恐ろしさとは? – ライブドアニュース.