今井舞氏「フジ局員は本当の意味で危機感など持っていない」

40

7月25~26日に放送されたフジテレビ『FNS  27時間テレビ2015』の平均視聴率は10.7%。「本気になれなきゃテレビじゃないじゃ~ん」などをキャッチコピーにしたものの、空回り。1987年に番組がスタートして以降、歴代ワースト3となる大惨敗となった。

番組ディレクターがバンジージャンプに挑んだり、司会のナインティナイン・岡村隆史が60分間延々とダンスを踊るなど内輪ウケ狙いの企画も多く、加えて平成ノブシコブシの吉村崇が愛車BMWを踏みつけて破壊し批判殺到の事態をもたらすなど、評判は芳しくなかった。

悪ノリが過ぎて、問題となった演出もあった。番組中、出演者やスタッフが着ていたTシャツに書かれたロゴ〈NO FUN NO TV DO HONKY〉もそのひとつ。“本気”に引っかけたつもりのHONKYはアメリカでは「黒人が白人に対して使う差別用語」だった。コラムニストの今井舞氏が呆れる。「ロゴを日本語に訳すと、“面白くない! テレビ要らない! クソ白人をヤれ!”になる。帰国子女も少なくないはずなのに、どうして社内チェックをすり抜け、テレビ画面に“放送禁止用語”が映し出されるに至ったのか不思議でなりません」

情報源: 今井舞氏「フジ局員は本当の意味で危機感など持っていない」│NEWSポストセブン