二階堂高嗣くん 観劇中の言動が大波紋!「ありえない」「ショック」とファン衝撃の記事

159

9月3日から帝国劇場で上演されているKis‐My‐Ft2・玉森裕太主演舞台『DREAM BOYS』に関して、ファンの観劇マナーが問題視されている。

頭に花冠をつけて来場したファンや、ツアーグッズのTシャツを着用し、コンサートに参加するようないでたちで観劇するファンに非難の声が集中しているほか、見学に訪れたキスマイメンバーの言動が物議を醸しているという。

玉森が座長を務め、千賀健永、宮田俊哉も出演している『DREAM BOYS』。過去にはタッキー&翼・滝沢秀明、KAT‐TUN・亀梨和也が座長を務め、ジャニーズで代々受け継がれてきた『DREAM BOYS』だが、近年はファンの間でも観劇マナーの悪さを指摘する声が目立つ。「通常、舞台を観劇する場合の応援は『拍手』のみとされており、例外を除いてはうちわやペンライトなどコンサートグッズは持ち込み禁止となっています。また基本的に場内では騒がないというのが最低限のマナーですが、2013年の『DREAM BOYS JET』で主演が玉森になったときには、メンバーの北山宏光と二階堂高嗣が見学のため劇場内に入ってきた際、立ち上がって『キャー』と手を振るファンが続出し、北山が手で『座って』という合図を送っていたとか。幕間にメンバーが座った席を写真に撮ったり、ファンが交代でその席に座ったりといった行動も見られたそうで、目撃したファンがTwitterで報告していました」(ジャニーズに詳しい記者)

そんな中、今回は5日の夜公演に北山、二階堂、藤ヶ谷太輔、横尾渉の4人が見学に訪れた。2幕のショータイムではステージに上がった二階堂が、劇場内に入ってきた際に「まったくキャーがないの!」「ショック」などと自虐トークを繰り広げたという。その後、二階堂が降壇して客席に戻るところでは「キャー」という歓声が響き、二階堂は「同情の『キャー』ありがとうございます」と、お礼の言葉を述べていたとか。しかし、舞台はコンサートと違って歓声はNGとされているため、この一件が各方面に波紋を呼んでいる。「二階堂の発言は舞台観劇時も『キャー!』と騒いでもよいという誤解を与える可能性があるため、一部ファンからは『ニカちゃん的には自虐ネタのつもりだったのかもしれないけど、歓声自体がマナー違反だと思うから、気を付けて』『メンバーが歓声を促すってありえないと思った』『もっと考えて発言してほしい』と、批判が集中。中には、二階堂のトークについて北山や横尾ら年上メンバーがマナーの問題性を指摘して制止しなかったことにも『ショックだった』と、失望する声も出ていました」(同)

情報源: Kis-My-Ft2・二階堂、観劇中の言動が大波紋! 「ありえない」「ショック」とファン衝撃|サイゾーウーマン