二宮和也くん、吉永小百合さんから“和也さん”と呼ばれドキドキ

24

山田洋次監督最新作『母と暮せば』クランクアップ記者会見が12日、都内にて行われ、吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、山田監督が出席した。山田監督は「戦後70年にあたってこの作品を作ったのは運命的なもの」と思い入れの強さを語った。

終戦から70年―。長崎を舞台に、原爆で一瞬にして人生を失った息子とその母親の物語を描いた、優しくて悲しいファンタジー作品。助産師の伸子(吉永) の前に、3年前原爆で失ったはずの息子・浩二(二宮)が突然現れる。楽しかった思い出やかつて将来を約束した恋人・町子(黒木華)の話をして過ごし、その日々は長く続くようにみえた…。

本作が、吉永と二宮は初共演となり親子役。二宮が「小百合さん」と呼びかけ、吉永が「和也(かずなり)さん」と呼ぶことでぐっと距離が縮まったという。二宮は、「和也と書いてかずなりと読むのですが、吉永さんから『かずなりさん』とよんでいただいて、ドキドキしました。かずなりと呼んでくれる人は身内にもいなくて、ぼくの初めての人になりました」と語る。吉永も「小百合さんと呼んで下さったのでとても嬉しくて距離がぐんと縮まった気がしました。今ではテレビで危険なことをしていると、『大丈夫かしら、うちの息子』と心配しながら見ています」と満面の笑み。

情報源: 二宮和也、吉永小百合は「ぼくの初めての人」“和也さん”と呼ばれドキドキ – 映画 – ニュース – クランクイン!