中居正広くん 独立の噂絶えず ベッキー復帰、被災地炊き出し

71

SMAPの中居正広(43)が何かと目立っている。お忍びで熊本地震の被災地で炊き出しをしたかと思えば、タレントのベッキー(32)復帰にもかかわり、昨年5月に亡くなった俳優、今井雅之さん(享年54)の遺作にも友情出演するなど八面六臂の動きを見せているのだ。

11日明らかになったベッキーの現場復帰。その舞台は中居が司会を務めるTBS系「金曜日のスマイルたちへ」だった。

今井さんが企画・脚本を担当した映画「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」にも友情出演。奈良橋陽子監督のオファーを快諾し、20年来の盟友が残した作品の一翼を担った。

「ニュースの陰に中居ありといった感じで、さまざまな話題に顔を出してくる。幅広い活動と独自の人脈の広さと証明した形ですが、さすがといったところでしょうか。ただその分、独立という噂も絶えない」と芸能関係者。

先月14日に発生した熊本地震では、10日後には友人とお忍びで現地入りし、小学校で炊き出しを行った。「事務所には伝えていなかったので、事務所との関係がうまくいっていないとして、独立に結びつける報道もありました」とベテラン芸能リポーター。

SMAPの解散疑惑報道の多くは中居の動向を追ったものだ。「結果的に事務所社長が自ら解散を完全否定することになりました。それだけ中居の動きが注目されているということです」と前出リポーター。

今後の動向から目が離せない。

情報源: ZAKZAK