中居正広くんが友情出演していた!“盟友”今井雅之さん幻の主演映画

56

今回、企画・脚本を担当した今井さんの魂が込められた映画に豪華キャストが集結。中居も、そこに名を連ねていた。

作品は今井さんが主演した舞台の映画化で、生きる意味を問いかけた感動作。当初、今井さん自身が主演する予定だったが、昨年5月28日に死去。今井さんの恩師であり、同作のメガホンを執った奈良橋監督が川平を主演に抜てきし、中居にラブコールを送った。

監督は「中居さんは雅之のことが大好きでホント友達だったと思うんです。私の方から『ぜひ、お願いします』と言ったら、気持ちよくゲスト出演していただきました」と経緯を説明。現場でも協力的で、「中居さんは『何でも言ってください』と言って、素晴らしい演技をしていただきました」と絶賛した。

今井さんと中居はテレビ朝日系ドラマ「味いちもんめ」(1996年)で共演して以降、約20年にわたる“盟友”だった。同7月に行われたお別れの会ではあふれる涙をぬぐう中居の姿が印象的で、そんな2人の絆から実現した今回の友情出演。映画では、川平演じる主人公の男性が関わる組と対立するやくざの若頭を演じており、昨年10月上旬に撮影した。

 

情報源: 中居正広、友情出演していた!“盟友”今井雅之さん幻の主演映画 (2/3ページ) – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)