中居正広くん「森くんが辞めた時は…」解散危機を明かす

43

SMAPの中居正広(43)が、グループの解散危機について語った。 18日に放送されたフジテレビ系「日曜ファミリア・中居正広の神センス☆塩センス 私はこうしてやっちゃいました!」で、ゲストのピンク・レディーのmieからグループ円満の秘訣(ひけつ)を尋ねられた中居。ピンク・レディーのように2人組ではメンバー同士の距離感を保つのが難しいと、中居は「2人は大変だと思う」とおもんぱかり、SMAPでは「5人でご飯を食べることはない」というほど、プライベートはもちろん、コンサート後の打ち上げであっても行動をともにしないことを明かした。

来年にはデビュー25周年を迎えるSMAPだが、これまで解散危機はあったのか、と尋ねられた中居は「30年近くやってればあるんじゃないですか?」と苦笑い。小さなけんかや小競合いなどはあるがメンバーも解散しようとは本気で思ってはいないとしたが、旧メンバーで現オートレーサーの森且行(41)が96年に脱退した際には、「森くんが辞めた時は、6人から5人になるときは『覚悟決めないとな』って。どうしようか、5人でやるものなのか、バラバラになるのか」と解散も考えたことを明かした。

情報源: 中居正広「森くんが辞めた時は…」解散危機を明かす – ジャニーズ : 日刊スポーツ