三宅健のラヂオ Vol.60

77

舞台の製作発表があったからかカメラ、冒頭のお便り紹介では「第32進海丸魚」に関しての質問が多かったですね。「土佐弁を喋ってみてください」とか「稽古のエピソードを聞かせて」などなど・・・でも、健ちゃんは「土佐弁って言ってもセリフしか知らないから、喋ってと言われても喋れない」んだそーな。
まっ、そりゃ、そーだわいなたらーっ
NHKの「私の青空曇り」で津軽弁赤りんごを使った時には、全国放送なので視聴者に伝わらないと意味がないので、だいぶアレンジされていたそうですよ。
まっ、そりゃ、そーだわいなたらーったらーっ
健ちゃんは「その土地の風土が感じられる方言が大好き楽しいなんですって。
でも、それってやっぱり関東の人間だからなんだよねぇ~くもり
前に同じセリフを地方の友人に言ったら「標準語話してる人に言われるとカチンと来るぶー」と言われちゃったことがありましたっけ・・・ムニョムニョ
さて、前半は『聞けてる聞き耳を立てる聞けてる聞き耳を立てるキャンペーン』でしたが、オーストラリア在住の方から録音してもらったMDで毎週聞いているとか、テレビテレビのアンテナを使って聞いている人、指から血を流しながら病院聞いている人など、色々なシチュエーションで四苦八苦汗して電波を確保している皆さんのお話が紹介されました。ファンで涙ぐましいね~悲しい
やーらしぃー東京人の私にはまるで他人事ですけどねイヒヒ(またカチンと来るやね、コレ)。
そして、曲はインディーレーベルのNIKKAのアルバム「来恩~ライオン~」から「だいじょうぶ」(漢字なのか平仮名なのかどう書くのか分かりません撃沈
来恩(ライオン)
来恩(ライオン)
NIKKA
なかなかエミネムっぽくてカッコよろしかったですよ。
NIKKAは英語、広東語、英語を駆使するラッパーなんですってびっくり
すごいやね。
後半のコーナーは「心に響く3行ラブレター」について紹介していました。
まぁ、一般の方からの投稿なんですが「愛してるときめき」って言えない旦那さんの短い文章ながらもジーンとくるラブレターメールブルーなどが詰まっているそうです。健ちゃんさんは「”愛してる”って言葉にしてあげると、すっごく相手が安心するんだよポッと、ここまでは名言語録に入れたかったのですがチョキ「だから、オレ嘘でも言うもんおばけ」って・・・ありゃりゃりゃりゃてれちゃう
通っているボクシングジムのトレーナーさんから、知覧の特攻隊飛行機の少年たちが残した手紙は「お母さん」に向けて書かれているのが多いと聞いたんですって。「男はマザコンなんです。だって女の人から産まれてきてるんだから鳥・・・その女性を守ることこそが美しいんだ星と、ここで本気の名言登場!
この3行ポエムは、今後ラヂオのコーナーとして展開していくそうなので「必ずハガキで」送って下さいと告知してました(「産業」じゃないよ、と、くっだらないシャレをかましておりましたがね困惑。わかってるっちゅーねん!)。そして、日本語で一番美しい言葉は「さよなら」なんだって、という話に至ると、何度も何度も「さよならGO!を連発しては「悲しいよねぇ~、寂しいよねぇ~」と言い続けておりましたニョロ。きっと誰ぞに言われたに違ぇねぇショック
今週のキーワードは『なにぬねの』の「の」でした。(のぞかないで、の「の!」だってさ、最後の最後にもぅ~・・・豚