三宅健のラヂオ Vol.34

30

へぇ~、デビュー当時の健ちゃんは中居くんを尊敬してたんだー(今では間違いなく違うだろうな、ヘケケッ)。ジュニアくん子供の中に「尊敬する先輩」を健ちゃんって挙げてる子がいたんだって。「これからも目標にされるように頑張ります」!って言っておりましたが、今の彼の目標というか尊敬する人物については語られず残念でしたふぅ~ん
この夜はリスナーからのお便りのみを紹介する日だったのですが、やっぱり若めの方からのメールばかり紹介されるよね。別にいいんだけどさぶー。で、携帯ケータイの機種変をした方がショップでデータを全部トバされたという話で、健ちゃんは「自分で管理しないとダメノーノーとさっすが芸能人らしいコメントをしてました。データを移している時に情報漏れになるのを避ける為、彼は機種変の際には自分で全部メモリーを打ち直すんだって。しかも、長野くんに至っては手帳にそれら全てがメモ読書として残ってるんだとか。真面目な長野くんらしいよね。
あと、もうひとつ「さすがだなー」と思ったのは、上司や会社の人たちに飲み会熱燗や会食ディナーに誘われるのがイヤだという投稿に対して「一社会人として、こういう場には出た方がいい」とキッパリ言いのけたところですねラブラブ。26歳ぐらいの頃って、一番こういう付き合いがウザイ年頃だと思うんだけど、彼の場合既に社会人としては10年選手ですからね、やっぱり大学出て就職してから10年経ったリーマンとレベルが一緒なワケで。しかも、飲めないのに彼は行くわけですから拍手
そして、クレームのお便りが2つ。
1つは、またまたエロトークは辞めて欲しいというイタイメール。しかもよ「剛くんじゃあるまいし」って、あーた、剛つんに失礼だわよ!!。あたしゃ、この一言でエッライ腹が立ちました怒り。世の中にはこういうイラんことをわざわざクチにするタイプの女子がいますよねぇ~(「24」のクローエみたい撃沈)。しかもよ、26才男子が性的にクリーンな方がキモイって汗。まぁ、人それぞれの考え方があるので仕方ないけどね、彼のパーソナリティを否定しても仕方ないじゃんグーって思います。
ほんでもって、もうひとつがヘイヤースタイルについてペン(←この絵文字、健たんに似てるよね!?)。健ちゃんさんも「きた、きた、きた」って感じでしたが、これはちょっと彼自身も切り過ぎたかなーって反省してるみたい。本人いわく「坊主に毛が乗ってる感じ」(笑)・・・。頼みますよ~、何も10周年で大事なイベントや露出の多い時にヘアサロン変えなくてもいいじゃんかー。ちなみに、トークナイトに一緒に言った團ちゃん担当スタッフは「うっちーみたいプシュー」と言っておりました。
あは、あは、あは・・・パクッ
キーワードは「み」でした。