三宅健くん「滝沢歌舞伎」出演に納得するためタッキーと4時間語る

115

「男の色気は脱ぐことだけじゃないよ」と女性セブンの撮影に挑んだ三宅健(36才)。昨年、V6が20周年を迎え「あらためてグループ力を実感した」と言うが、今年新たに挑戦するのは、事務所の後輩である滝沢秀明が主演・演出を手掛ける舞台『滝沢歌舞伎2016』(東京・新橋演舞場、4月10日~5月15日)。

11年目となる同公演で、「誰も想像できないキャスティングにしたかった」ということで滝沢が懇願したのだ。本格的なタッグは初となるふたりだが「少しでも力になれれば」と男気を見せる三宅に話を聞いた。

今年11年目を迎える『滝沢歌舞伎』だが、三宅自身一度も見たことがなかったという。そんな舞台に出演してほしいと滝沢からオファーを受けた。あまりに唐突すぎるオファーを聞いた三宅は滝沢を食事に誘ったのだとか。 「純粋になんでぼくを選んだんだろうって疑問があったんですよね。なんでぼくを選んだのか直接会って聞きたくて誘いました。一緒にステージに立つのは滝沢がJr.としてバックについてくれたとき以来だから…ふたりでご飯食べる日がくるなんて思ってもいなかったですね」(三宅・以下「」内同) 『滝沢歌舞伎』のDVDを見てから臨んだふたりきりの食事会。 「やるとは決めていた」と言う三宅だが、どうして自分を選んだかということに納得するのに長い時間を要したようだ。

全文は以下にて

情報源: V6三宅 「滝沢歌舞伎」出演に納得するため滝沢と4時間語る│NEWSポストセブン