マッチ at 武道館!

38

行ってきました~!!
なんか、良く考えたら近ちゃんのコンサートなんて実はあんまり行ったことなかったかもおばけ。どんなに記憶の糸を辿っても、思い起こすと1回か2回しか行ったことないんだよねぇ~冷や汗。だって、うららはトシちゃんファンだったから、例え近ちゃんと言えども他の人のコンサートに行くなんて経済的にもお金ポリシー的にもNGだったんだもん。しかも、武道館で近ちゃんギグを見るなんて初だと言うことにも気が付いたひらめき。見たことあるのは、確かサンプラと千葉文化とか横浜文化センターとか地方の会場だったもん。
ふえぇぇ~ふぅ~ん
まず、武道館に着いて驚いたのは3つぐらいしかないグッズに長蛇の列ができていたことびっくり。TOKIOん時より列が長かったかも(失笑)。捨てたもんじゃないねぇ~と思いましたよチョキ。だってグッズが欲しい人って、本当にファンじゃなきゃできないと思うから。
私の席は2階の東スタンドで真横だったんですけど、思ったより近かったので楽しめましたよ~グッド。オープニングアクトに「挑戦者」を楽曲提供してくれたロクセンチさんが登場して、3ピースのアコースティックVer.でこの曲をプレイしてくれました。素晴しかった!!。いきなり、これやられたら近ちゃん出る幕ないじゃんって思えるぐらいイヒヒ。オリジナルも聴いてみたいなーって思わせる堂々としたパフォーマンスでした。
ステージセットは至ってシンプル。
衣装もスーツ中心でシンプル。
生バンドを従えて(バンドピースはホーンセクション、ストリングスも加わってかなりしっかりしてましたグッド)きっちり歌うカラオケという、舞台で言えばストレートプレイですね。そう言えば彼は踊らないし、昔っからこのスタイルだったんだよね。多少の特効はあるものの、ボーカリスト然とした腰の据わったステージパフォーマンスには改めて時の流れを感じました。
ヒットチューン中心のセットリストでしたが「哀しきハイスクール」、「KOでOK」、「ルイのバラード」など、彼の前半のキャリアのコンサートで良く演奏されていた曲が出てきた時には、もう懐かしくて涙が出そうでした冷や汗。もちろん、うららの大好きな「Baby Rose」も「一番野郎」も歌ってくれました~楽しい
しかも、氣志團の「One Night Carnival」をカバーしてくれたんですよ~びっくり。セリフもバッチリとキメてくれました!(この曲で踊っていたのは私だけ?)。それから、「青春アミーゴ」をアダルティなボサノバアレンジで聞かせてくれたりと、ちょっとしたボーナスもありました。
ただねぇ~、上から見てるとカンニング用のモニターが目にも鮮やかにしっかり見えちゃうんてすよたらーっ。歌詞が出てくるのは勿論、MCとか、次の曲は「アンダルシアに憧れて」とかネタバレしちゃうの(爆)しょんぼり。一緒に見に行ってた元バリバリマッチオリキの友人女(現在米国在住。たまたま来日中)から「ねぇ、次は”青春アミーゴ”って書いてあるけど青春アミーゴって何?」と耳打ち聞き耳を立てるされた時には「え゛え゛っ~」って思いましたよ。しかも、どんな端っこに近ちゃんが移動してもジョギング、ちゃんと前にはモニターがあるの。これにはひさしぶりに笑えた!
「MOMOKO」、「ハイブギ」の時は、ステージのスクリーン映画に映し出された映画の映像とシンクロしながら歌っていて、そのシーンを見ながら友だちと「っつーか、そこにいたし、あたしたち汗」と言いながら懐かしんでいました。
そして、アンコールではステージ上で囲み取材カメラがあって、それを観客に伝える為にツ○子ちゃん登場!!。友だちは当時以来ツ○子ちゃんを見ていないので「皆さん、有線とかリクエストして下さいね」というひとことには「出たよ!有線!プシュー」と大ウケしてました。当時から我々はひつこくリクエストさせられていましたのでねモゴモゴ・・・だはは~。
では、長くなったのでKAT-TUNの話は明日書きまーす!!