ポニョ、ポニョポニョ、エイトの子

26

あたくしも行って参りましたジョギング汗エイトコン!
いや~、キリエさんと同行だったので、かなりオシ気味で会場に入った為、グッズも何も見れてませんたらーっ(見るだけで買わないけど楽しい)。
しかし、ウィークデーのドームは厳しいね!!
席に付いた途端「Do you agree?」ですもん冷や汗
せっかく初っ端から勢いつけたセットリストなのに、気分が落ち着かなくて乗り切れなかったよ~悲しい
アリーナのブロック内にあるリフターにヤスが乗っかって、その延長線上にたっちょんのドラム叩いてる背中が見えて、これは構図的にはかなり美しいときめき&私好みの画づらでしたね~グッド。ライブって、まさにこういう星自分だけの一瞬星に巡り合う為に行くんだよなーと実感してしまいました。そして、エイトコンではそれが毎回あるから、また次回も言ってしまおうグーと思えるんですよ。
悲しいかな、嵐コンではそれを見つけることができなくなってしまっていてモゴモゴここ最近足が遠のいているんですけどね・・・。
私たちの席のまん前にリフターがありまして、「ミセテクレ」でヒナちゃんが来ましてね・・・困惑、いや、いいんです別にそれでも唖然(笑)ゼータクは敵ですノーノー。こんなに近くに誰かが来てくれるだけで、もう、・・・ハイ(溜)プシュー
しかし、私の席はいつも”亮席”でして・・・とにかく、ホントに亮ちゃんスパークリングセールなんですよムニョムニョ、しかも毎回YES!しょんぼり。いやね、きっと世間ではこの確率を望んでる人の方が圧倒的に多いことは分ってますYES!パー、でも、自分の「運」としては微妙でしてパクッ
でも、メインステが近かったので、たっちょんの和太鼓凧もすごく近くで見れたし、真横なので叩いてる時の顔とか超セクシーだったしときめき(というか、かなり険しくおっかなかった・笑)、後半のドラムセットでのパフォーマンスも、まさに”魂のドラミング汗”といった感じで釘付けになってしまいましたポッ。毎回思うんですけど、彼のドラムって力が強いし工具、不安定な土台で叩いてるんで、セットが結構グラついたりするところに持ってきて、たっちょん自身がハイパーupになって、自分でタムを触っちゃたりするから、どんどこセッチングがnextズレてnext行くんですけど(笑)ドラミングに柔軟性があるんだよねびっくり、手足のリーチが長いってのもありますが、自分の体でズレを調整しにいくっていうか、あれは才能だと思うチョキ。音は全然ズレないですからね拍手拍手
で、そんなにもパワフルな太鼓なのに、体はポニョってしてて(笑)。
ヒナちゃんとかヤスの方がずっとドラマー体型だもの。
たっちょん本人は「初日はチカラ配分間違えて、後半スタミナきれた~NO!ひらめき」と言ってましたが、和太鼓で切れちゃったんだな~、きっと(笑)イヒヒ。でも、観ている方も「幸せそうだから、それでいいや」って気になっちゃう不思議なお方ですラッキー
あっ・・・と、「ありえへん世界」が始まってまうので、この先はまた今度GO!(引っ張ってどないすんねん撃沈