フジ「水曜歌謡祭」深夜枠への移動はジャニーズ“I女史復権”の前兆か

391

フジテレビが今春に実施した大型改編の“目玉の一つ”として4月に始まった音楽番組「水曜歌謡祭」(水曜午後7時57分)が、秋の改編で深夜枠に移されることが11日にわかった。視聴率の低迷が最大の要因だが、同番組が時間帯を移動することにより、局内部にある変化が起こるという。一時は影響力が弱まったと言われた“SMAP育ての親”でジャニーズ事務所の敏腕マネジャー・I女史が「フジ内部への影響力を取り戻しそうだ」とささやかれている。

いったいどういうことなのか?「水曜歌謡祭」は、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(42)と歌手・森高千里(46)を司会に抜てきして4月にスタートしたが、初回から7・3%と1桁台に低迷。6月3日の放送では何と、3・8%という屈辱的な数字を記録した。その後もそれほど上向くことはなく、低迷が続いている。

それでも当初は「秋以降もこのまま同じ枠で続いていく」とみられた。30代のフジテレビ男性社員は「『水曜歌謡祭』は亀山千広社長の肝いりで始まったから、簡単には終わらせられない。いくら数字が低くても、最低1年は続けると思われていた」と明かす。ところがここにきて、事情が変わってきたという。

「とにかく春から始まった新番組のほとんどが低迷している。このままではスポンサーも黙ってないし、秋の改編で多くの番組が打ち切りか、大幅なテコ入れをされるのは確実。社長の肝いりだからって『水曜歌謡祭』だけ特別扱いするわけにはいかなくなった」(同)

そこで秋の改編を機に「水曜歌謡祭」をゴールデンから撤退させるプランが進行しているのだ。「まあ社長の肝いりなので、打ち切りだけは免れた格好。今のところ、金曜の午後11時台に移行するプランが濃厚。司会は2人とも続けるみたいだけど、金曜に移るとなるとタイトルは『水曜歌謡祭』から変えざるを得ないでしょう」(同)

ただ「水曜歌謡祭」の失敗は、さまざまな方面に影響が出そうだとみられる。 20代の男性若手社員は「まず毎年恒例となっている12月の『FNS歌謡祭』をどうするのかということが、社内では話題の的です」と明かす。

情報源: フジ「水曜歌謡祭」深夜枠への移動はジャニーズ“I女史復権”の前兆か