ファンが愛するということ、そしてファンが守るもの。

21

寒いっすね。
この寒波のおかげで今日のお花見大会お流れとなりましたよ。
めっちゃ楽しみにしてたのに・・・。

そんな中、昨日、私が猛烈に掃除をしていた時、お花見参加の友人の1人から電話が入り。
「着いたよ~、いまどの辺にいるの~~~???」

私「えーーー???今日じゃないよ、明日だよ!!」と言うと、
「えーーーーーーーっ、うそーーーーー
と。

私も良くやる”やっちゃった”なので、人事の様には思えず・・・・。

しかし、私らの中では一番しっかりしてる子だったんで、もう、びっくりしたっす。

電話を切ったらメールも届いていたことに気づき、

その内容が

「ごめーん、1時間遅れる!」

でした。

YOU、1時間遅れるんじゃなくて、23時間早過ぎだよ!!!って。

もう、やんなっちゃう。

んで、結局来週になっちまった。

イースターエッグハンティング楽しみにしてたさー。

ところで、KAT-TUNのツアー決まったのに、仁くん抜きだなんて

ありえねーーーーーーーー。

でもさ、絶対に東京ドーム辺りには戻ってくるよね?

前もそうだったじゃん。

でもそれじゃあ、納得いかないんですけど!!ってファンの方も多いと思いますけどね。

なんか不思議なのは、KAT-TUNってデビュー前はすごい傍目では、ステージの上でも、TVの中でも、チームワーク良かったし、結構下積みも長かったせいかみんなデビュー目指して一様に頑張ってた様に見えましたが、なんでデビューしたら、こうも不安定になるの??

普通逆じゃない??

なんか不思議な感じがします。

仁くんファンの友人も怒り心頭でした。

話は突然変わってベッカムなんですけど。(変わりすぎですんません

ちょっと前になるんですが、MAN UTD対 AC MILAN 戦で、ベッカムがUTDを離れてから初めてオールドトラッフォードに凱旋したんですよ。敵となってね。

もうね、その瞬間が見たいが為に私も録画して見たんですが、レオ様(昔鹿島にいた選手、今はMILANの監督)が気の利く人でしてね、後半試合が決定的に成った時に、ベッカムを出したんですよ。

そしたら、UTDのサポーターから物凄いウェルカムチャントが起きましてね。
ベッカムが鼻赤くして涙ぐんでましたよ。

スポーツ史に残る、素晴らしいシーンでした。

その試合はヨーロッパが全土が注目する試合でしたんでね、UTDのサポーターがグリーンとイエローのマフラーを掲げて、経営者に対しての不満をアピールしていたんですね。
しかも事ある毎にマフラーを掲げて、経営者に「出て行け」コールを繰り返してたんです。

KAT-TUNのファンの方も、あーいう風に不満をアピールしたらイイんじゃないって思いますよ。

事務所に対してね。

だって、あんな説明だけじゃ、正直納得出来ないもん。

ちなみにUTDのサポーターがグリーンとイエローを選んだのは、UTDの原点だったチームカラーが、グリーンとイエローだったので、経営陣に対し、原点回帰、つまりUTDのルーツを見直してくれという意味がこめられての意味なんですよね。
多分この経営陣は、”グリーンとイエロー”の意味すら知らないんじゃないの?って感じがしますけど・・・・

ファンにとってのUTDは、マネーゲームの道具でもなければ、キャピタリズムの中で売買される紙っぺらだけの存在でもない。

チームを愛するキッズや労働者階級のファンのものなんだ!と言う原点を見直してくれ!という様にも思える悲痛なアピールでした。

あのサポーターのチーム愛を見ていたら、やっぱすごいなぁって思っちゃいますよね。

チームへの思い入れや愛がはんぱないもん。

ファンが”チームを守りたい!”って気持ちが、すごい伝わった試合でした。

うらやましいっす。(ちなみにあっしはMAN UTDファンじゃないっすがね)

試合後には、ベッカムまでもマフラーしてましたからね。

まぁ、彼はまたケガしちゃったから、ひょっとしたら最後にもう1回ワールドカップに出れたかもしれませんが、完全に出れなくなっちゃったわけで・・・・

何か本当に気の毒ですね。< br>

では、また。

さよーなら。

JUGEMテーマ:赤西仁

JUGEMテーマ:KAT-TUN