バレー協会の“Sexy Zoneは何人でもいい”回答が波紋

96

中島健人、菊池風磨、佐藤勝利、松島聡、マリウス葉の5人で2011年9月に結成されたSexy Zone。しかし昨年7月、7枚目のシングル『男 never give up』を中島、菊池、佐藤の3人体制で発売することが決定。この3人以外はメンバーを固定しない流動的なグループになると発表された。

松島とマリウスは“降格”になった訳ではないものの、『2015ワールドカップバレー』の公式ナビゲーターも3人体制で務めることが発表され、5人時代のファンからは嘆きの声が挙がっている。

そんな中、Sexy Zoneファンのあるツイートが波紋を呼んでいる。

《日本バレーボール協会に 「SexyZoneは5人グループです。3人体制はイジメ差別でしかなくファンは傷付いています。ぜひ5人でオファーして下さい」とお願いしたら、「私共としては”SexyZone”であれば5人だろうが3人だろうがどうでも良い」と言われた》

このツイートは700回近くRTされている。またこの人物はその後、以下のようなツイートも。

《日本バレーボール協会曰く 「私共は“SexyZon”にオファーしただけ。グループ内で差別があろうが、1つのシングルを20〜33倍に水増ししようが、シングル特典コンプに13000円以上かかろうが、“戦略”だから良いんじゃないですか」 フェアプレー精神は何処…》

この一連のツイートに、ファンからは《酷いですね》といったリプライが届いている。デビュー当時からのファンにとって、Sexy Zoneの現体制はデリケートな問題。日本バレーボール協会が実際にこのような回答をしているとなれば、ファンから反感を買っても仕方ないだろう。

引用元: バレー協会の“Sexy Zoneは何人でもいい”回答が波紋 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム].