ドラマ評価じわり 大野智くんに試される“高視聴率男”の本領

96

「世界一難しい恋」(日本テレビ系)で初めてラブロマンスに挑戦した嵐の大野智(35)への評価が定まらない。

初回放送後には「大野君が社長に見えなさすぎ」「演技が『怪物くん』の時と同じ」「嵐ファンだけが喜ぶドラマ」など批判的なものが多かったが、3話目あたりから「セカムズ」という略語が定着し始め、評価が上がりだした。恋愛初心者の鮫島零治社長(大野)が恋の告白をする第4話になると、「共感しまくり。早く次が見たい」「鮫島社長の告白、可愛すぎ!」などの好意的な反響が過半を占めるようになってきた。

だが視聴率が伴わない。初回放送が12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずのスタート。2回目以降も、12.9%、13.1%とジリジリと数字を伸ばしたと思ったら、第4話は12.2%とダウンするなどブレークできないでいる。

全文は以下にて。

情報源: ドラマ評価じわり 嵐・大野に試される“高視聴率男”の本領 | 日刊ゲンダイDIGITAL